チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

犬を飼うと言う事

「捨てた日も、散歩と思って喜んで出かけて行った。」
FACEBOOKでこんな投稿を目にした。
私は涙が止まらなかった。
以前、日本に住んで居た頃、愛犬が毎晩鳴いて、近所迷惑になるから、
我慢出来ずに、妻にこう言った。「明日、保健所に連れて行くから!」
妻はただ泣くだけだった。
結局、私の怒りは翌日収まり、飼い続ける事になった。
今から思えば随分酷い話だった。
今はタイに連れて来て老衰で死に、庭に眠って居る。
今日このFACEBOOKの投稿を見て、
昔を思い出し、涙が止まらなかった。
そこにはこう結ばれて居る。
「動物を家族に迎えることは、飼う側の心を潤し、
沢山の豊かな時間を運んで来ます。
そして彼らと暮らす喜びには、義務と責任が伴うことを忘れないで下さい。」と



のんびり、そして何処となく寂しげな…(今の愛犬)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。