チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで14年。日々の暮らしを綴ります。

今夜は巻き寿司

心地良いタイに住んで居ても、日本の懐かしい思い出は蘇って来る。
タイは物価も安く、気候も温暖で、夏も京都の夏と余り変わらない。
寧ろ夜は京都の方がムッとして過ごし難かった。
勿論、タイの方が暑いと思う事も在る。
でも、冬は暖かく、それ程暑く無い雨季が六月から九月まで続く。
日本では気候の良い春や秋が短かった。
それでも日本の懐かしい思い出が蘇ると、再び日本に帰りたく成る。
今日ふと思い出したのは、妻と車で他府県を旅行した時、
幾ら走っても同じ景色ばかりで、日本は山と海ばかりだなと思った。
しかもカーブが多い。
タイは広くて真っ直ぐな国道が伸びて居る。
でも何故か狭い日本の道を懐かしく思う。
行けども行けども曲がりくねった山道や海岸の道。
飛行機で日本を飛び立った時、眼下に見えるのは樹木だけだった。
あゝ、日本は山国だと思った。
バンコクに降り立つ時は田んぼしか見えない。
どうして曲がりくねった細い道を懐かしく思うのか。
以前ビルマの道を通った事が在るが、その時も懐かしく思った。
日本の山道と似て居たからだ。
並んでる木が日本の木と似て居た。
実に不思議なもんだ。
木が似て居るだけで懐かしく思う。
ビルマは寒い国で樹種が同じなんだろう。
そう言えば泊まったホテルに松が生えて居た。
そうそう、今度日本から来た人におしろい花の種を持って来て貰った。
以前、タイの道端におしろい花が咲いて居て、とても懐かしく思った。
まさかタイでおしろい花を見掛けるとは思いもしなかった。
私はおしろい花が大好きだったのだ。
あの何とも言えない匂い。
そう言えばおしろいの香りに似て居るのかも知れない。
日本の家の近所におしろい花が咲いて居た。
日本に居る時はそれ程でも無かったのに、
タイに来て日本のおしろい花が急に愛おしく成ったのだ。
上手く育てればいいのだが…。
朝顔の種も植えたが育たない。
何と種はタイ産だ。
日本のコーナンで買った。
ところがタイで朝顔の花を見た事が無い。
タイで育つのだろうか。
日本の事が懐かしい日々だが、せめて日本の花でも愛でたいものだ。


今日の朝食


今日はこんなYOUTUBEを見て居た。



参政党と新党くにもり文化人放送局へ!原発再稼働、経済政策、核保有、移民問題、憲法改正など 山岡鉄秀×神谷宗幣×松田学×本間奈々×安藤裕が日本の将来について考える


【参政党・神谷宗幣】世界で日本だけガンが激増している本当の理由【街頭演説 音声】



2022.6.17-1巻き寿司


2022.6.17-2巻き寿司


2022.6.17-3巻き寿司

2022.6.17-4巻き寿司

2022.6.17-5巻き寿司



2022.6.17-7巻き寿司



さて、今夜は巻き寿司。
日本からおしろい花と一緒に干ぴょうも持って来て貰った。
やっぱり一味違う。
いつも美味しい料理をありがとう。