チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで16年。日々の暮らしを綴ります。

家族のことのブログ記事

家族のこと(ムラゴンブログ全体)
  • 愛犬テント

    愛犬の為にテントを張って新しい住処を作った。 気持ち良さそうに寝て居る。 業者に支払った費用は1,800バーツ(≒7,200円)。 蚊さえ居なければ私も野宿して見たい。 勿論、蚊取り線香は炊いて居る。 でも犬は毛がふさふさしてるから平気なんだろう。 今日の朝食 さて、今夜は豚汁。 いつも美味しい料... 続きをみる

    nice! 8
  • 妻の誕生日

    今日は妻の誕生日を祝いに、隣県のパヤオから妻の友人一家が来てくれた。 妻は友人が多いが、パヤオの友人が妻の一番の親友だ。 学校の同級生と言う事だった。 私もタイに遊びに来てくれる友人は小学校の同級生だ。 社会人に成って暫くはご無沙汰して居たが、同窓会をきっかけに再び交流が始まった。 同級生の友人は... 続きをみる

    nice! 9
  • 妻に染髪

    明日はお食事会なので散髪しようと思ったが、散髪屋に行くと先客が1人居た。 お気に入りの散髪屋以外にも店は有るのだが、妻に染髪して貰ったらマシに成るのでは、と思い直した。 髪がバサバサなのだ。 短くすると余計に目立つ。 今度からは伸ばす事にしよう。 ところで名前の分からない花の名前が分かった。 YO... 続きをみる

    nice! 3
  • 追記(その8)(自叙伝補足)ー父のことー

    父の思い出は高3の時に亡くなったので母ほどは多く無い。 誇りに思えるのは正義感が強く、人に優しいと言う事だった。 だから保険の外交員のおばちゃん達に人気が有った様だ。 掛け捨てで無い保険も自分が始めたと自慢して居た。 共栄火災海上保険。 今は何処も掛け捨てでは無いだろう。 警官・軍人だった事も在っ... 続きをみる

    nice! 3
  • 追記(その7)(自叙伝補足)ー母のことー

    少し母の事を思い出した。 父の遺産で宇治に安アパートを買ったのだが、車を買うまでは毎月の集金に母をバイクの後ろに乗せて通った事も有る。 それから電車で通った事も。 何故か懐かしいあの頃。 最後の方は借家人も少なく成って居た。 2階建てで全8軒位の内1-2軒だった様に思う。 家賃は幾らだったか覚えて... 続きをみる

    nice! 2
  • 家族の事(その3)(自叙伝補足)

    (昨日のつづき) 嵯峨野に親戚が在った。 母の姉の家。 その家に行くと不思議な木の匂いがした。 他の所には無い匂い。 出来る事ならタイにも植えて嗅ぎたいところだ。 何の木か今では知る由もない。 伯母も母も亡くなった。 二つ違いの従兄とはよく喧嘩した。 でも直ぐ仲直りして一緒に遊んだ。 伯母家は後年... 続きをみる

    nice! 4
  • 子供時代(自叙伝補足)

    (昨日のつづき) 小学生の頃はビー玉やメンコでよく遊んだ。 家の前は未だ舗装して無かったと言う事に成る。 メンコは油に浸した少し大きめのメンコを持って居た子が居た。 中々捲れ無かった。 でも捲ったら自分の物に成るので必死に成った。 紙芝居もよく来た。 5円だったろうか。 1円だったろうか、よく覚え... 続きをみる

    nice! 3
  • 家族の事(その2)(自叙伝補足)

    (昨日のつづき) 父は警察官だったので軍隊では憲兵に成った。 少し徴集が遅かったので年を取って居て辛かったそうだ。 唯、頑張ったので2階級特進で上等兵に。 心臓が悪いので兵役で無理をしたのだろう。 南方のジャングルの水中の行進で傷めたのだろうと思って居たが、満州だった。 引き揚げの時は憲兵は真っ先... 続きをみる

    nice! 4
  • 家族の事(自叙伝補足)

    (昨日のつづき) 人事異動は3年若しくは5年と言われて居た。 府税事務所は基本3年で動いて計9年だった。 植物園は5年だった。 家から車で5分。 近過ぎてマフラーが傷んでしまった。 温まるまでに着いてしまうのでマフラー内に蒸気が残るのだ。 概して近くの勤務地が多かった。 資料館も5分。 府庁も10... 続きをみる

    nice! 6
  • 妻との出会い(自叙伝補足)

    (昨日のつづき) 最初の勤務地の学校事務の5年間は1日も年休を取らず、何かそれが美徳の様な事務所の雰囲気だった。 次の教育局の時代は組合役員をしたと言う事も在って、権利に目覚め、体制に反抗する様に成った。 役員仲間とよく飲みに行った。 その後も付き合いが続き、結婚式の司会を頼んだ。 府職労現業議長... 続きをみる

    nice! 5
  • 妻の誕生日(2)

    今日も良い天気だったのでプールへ。 いつものプールへ行くと、「水の量が少ないので今日は使用できません」と。 先日、私が「水が腐り掛けてる」と言ったので、水の入れ替えをしたのだろう。 それで、昨日の木陰の有るプールへ。 いつもの様に売店の管理人が居ない。 それでいつもの様に着替えてプールへ。 大分経... 続きをみる

    nice! 6
  • 妻の誕生日

    妻が帰って来て、「友達が明日は忙しいからと、今日、祝ってくれた」 と言って、ケーキを貰って来た。 今日が誕生日だと思って居た。 よく考えると今日は結婚記念日だった。 結婚記念日と誕生日と逆に覚えて居た。 そもそも妻が32に成る前にと思って誕生日の前日に結婚したんだった。 いよいよお迎えが近いのか。... 続きをみる

    nice! 5
  • 妻に染髪

    今日も在住の人とプールへ。 途中、雨雲が出て雷が鳴り出したので退散して喫茶店に。 喫茶店に着く頃には雨雲は何処へやら。 雨季の天気は難しい。 アイスクリームも食べ損なった。 喫茶店ではいつものブルーベリー・スムージー。 5時に成ったので退散。 お喋りをして居ると時間が早く経つ。 家に帰ると妻に染髪... 続きをみる

    nice! 2
  • 神のみぞ知る

    今日は朝飯を喰って目が開いたら2時。 こりゃ大変だと思ってベランダに出たら34度だった。 曇ってたがこれなら泳げると思ってプールへ。 着くと陽も差して来たのでシメシメと水の中へ。 水は結構冷たかった。 陽が照って冷たいのが一番いい。 今日も蟹歩き。 水は綺麗に掃除も行き届いて居る。 と思いきや端の... 続きをみる

    nice! 6
  • 「相方」

    今日は或るブログを読んで居て、連れ合いの事を「相方」と書いて在った。 そう言う表現も在るのかと思ったが、 私は最近、相方の事を「妻」と書いて居る。 現職の時に組合の催し物で「妻」の事を「連れ合い」と紹介した。 組合の催し物でもあるので、民主的な表現を心掛けた。 普段使わない言葉なので少々ためらいも... 続きをみる

    nice! 1
  • 安堵の一日

    妻の指は腫れて無かった。 昨日、料理の最中に包丁で指を切って、 脂でベトベトの指にバンドエイドを巻いたのだが、 脂で表面張力の弱い?傷口からばい菌が入らないか心配だった。 科学的に表面張力が弱いかどうかは分からないが、 感覚的に何と無くそんな気がしたので心配だった。 深く切ったと言って居た。 今日... 続きをみる

    nice! 4
  • 切ない思い

    妻が包丁で怪我をした。 料理上手な妻が包丁で怪我をするなんて珍しい事だ。 私が丁度キッチンで写真を撮って居る時だった。 「バンドエイドを持って来て!」 私は急いで取りに行った。 油でぬるぬるして中々上手く貼れない。 私はバンドエイドを持って来る事は出来るが、 怪我を代わってやる事は出来ない。 血を... 続きをみる

    nice! 5
  • 夫婦水入らず

    いや、家族水入らずと言うのが普通なのかも知れないが、 我が家は夫婦水入らず。 連続して同じ様な話では代わり映えもしないので、 今日は昔話を止めて、今の話。 今までお手伝いさんを雇って居たが、 孫の子守の為に暇を取りたいと言う事で辞めてしまった。 辛うじて大きな屋敷に3人暮らしで淋しさに耐えて居たの... 続きをみる

    nice! 7
  • いよいよタネ切れ

    毎日同じ生活をして居るとブログに書く事が無くなって来る。 今日もタイ語の勉強をしてYOUTUBEを見ての繰り返しだが、 「コーヒーが無くなったのでBIG-Cに買いに行く」と言うと、 妻が「私が行こうか?」と言う。 別に自分が行きたいとも思わないので、それならと。 そして、「掛け時計が壊れたのでダイ... 続きをみる

    nice! 4
  • ブログに書けない事

    日頃の出来事の中にはブログに書けない事も有る。 私の様にFACE BOOKにリンクさせてる者は、 実名を公表してるのも同じなので、 あからさまには書けない事も有る。 唯、昨日の出来事は私にとっては、其れ無しでは済まされ無いので、 オブラートに包んだ様にでも語りたい。 だから読者の皆様にはフラストレ... 続きをみる

    nice! 5
  • 自を依處とし

    釈迦の教えに人間は独り生きて行かねばならないと言うのが在るが、 私は妻に依拠してしまう。 妻に先立たれたらどうしようと、時々思う事が有る。 だから所詮、仏法は私には会得出来ないものだと思って居る。 私の好きな言葉に「自を洲とし、自を依處として 他を依處とせず」 と言うのが在るが、この言葉を思い浮か... 続きをみる

    nice! 4
  • 心の闇

    今日もゆっくりした時間が流れる。 今日は妻も家に居るので安心。 要するに妻べったり。 男は歳を取ると妻べったりに成る。 逆に妻べったりに成れない男は不幸せだ。 いや、俺は妻べったりでは無いが幸せだと言う人が居たら、 私に言わせれば不幸な人だ。 まあ他人の事は放って置いたらいいのだが…。 どうせベッ... 続きをみる

    nice! 4
  • 似て無い同士

    在住者の奥さんの姪が亡くなって、1時間以上掛かる道を妻は飛んで行った。 随分交際家だなと思ったが、奥さんのお姉さんとは飲み仲間だと。 最近は飲酒運転の取り締まりが厳しいらしい。 いや、それ以上に交通事故を心配する。 一昨日の日本人会でも婦人達の酒宴で、3人でビール1ケースだと。 夫人達の間でも恐ら... 続きをみる

    nice! 2
  • 今日は草刈り

    今朝も早く目が開いて、7時のベランダの温度は16度。 まだまだ冬は続きそうだ。 そして、8時半に成ると17.5度に成って居た。 丁度1時間で1度上がる勘定だ。 昨日のお見送りの時も寒かった。 黒服は半袖しか無いので、長袖も買って置きたい。 そう言えば、帰りに寄ったレストランの借景の山の中腹に、ポツ... 続きをみる

    nice! 3
  • あゝ、人生とは

    人生で一番充実して居た年齢は高校の3年間。 その次に大学の4年間。 中学の時は全然だった。 体育会系のクラブに入って置けば良かった。 新聞部に入ってしまった。 高校の3年間はバレー部で辛い日々だったが、 今から思えば最も充実して居た。 若し生まれ変わったら、今度は軽音楽部にでも入りたいが…。 それ... 続きをみる

    nice! 7
  • 妻を母の様に

    今朝も露天風呂が寒かった。 露天に置いて在る扇風機を掛けると心臓マヒが起こりそうだった。 タオルで体を拭いてから当たると丁度いい加減に成った。 今日はいつもの喫茶店の定休日なので庭の綺麗な遠くの喫茶店に。 着くと満車。 仕方が無いので道に停めた。 リニュアルオープンの日だったのか、人もいっぱい。 ... 続きをみる

    nice! 5
  • 私の苦悩

    私の組合活動家としての人生はジャンケンから始まった。 在る地方の出先機関に奇しくも同期の2人が同時に異動で配属と成った。 小さい職場なので新人が組合役員を分担する様に言われた。 1人は其の職場の長で、もう1人は上部機関の組合役員をする事に。 ジャンケンで決めて、最初は私が勝ったので職場の分会長を。... 続きをみる

    nice! 5
  • 妻の苦労

    妻の姉と姪の子供を妻が連れて来た。 その日の内に帰ると思って居たら、泊まりだった。 市内に住んでる叔母が寝たきりに成って居て、其の見舞いに来たと。 子供は小学4年生で元気な盛り。 学校でも一番大きいらしい。 カラオケで遊ぼうとしたので、ボリュームを下げる様、叱責した。 翌日には帰るのかと思って居た... 続きをみる

    nice! 8
  • 塞翁が馬

    どうして此処に住んで居るのだろうと、時々ふと思う事が在る。 タイに住んで、もう14年以上に成るが、未だに不思議に思う。 いや、感慨深いものが在る。 そもそも職場のストレスを海外旅行で気分転換しようと思ったのだが、 それが偶々タイだった。 若しそんなに強いストレスが無ければ海外旅行など思いも付かなか... 続きをみる

    nice! 5
  • 夫婦の形

    夫婦の形は夫婦の数だけある。 在るブログを見た。 退職後、夫婦が顔を突き合わせて居るのは居心地が悪いと言うものだった。 それまでは互いに働いて居て、そう言う機会は余り無かったと言う事だ。 何となく分かる気もするが、私の場合は、妻が居ないと淋しい。 部屋に一緒に居なくとも、家の中に居てくれさえすれば... 続きをみる

    nice! 6
  • 妻に染髪

    お手伝いさんが居ないので写真が撮れない。 まさかオートシャッターを使うほど懲りはしない。 前回は7月28日だった。 ブログに書いてるから直ぐ分かる。 ところでお手伝いさんが辞めて1か月経つが妻は一向にお手伝いさんを頼む気配が無い。 1人で頑張れるところまで頑張る積りだろうか。 下手に口出しはしたく... 続きをみる

    nice! 4
  • 幸福の裏側には不幸が

    不幸と幸福は表裏一体。 幸福と不幸の間は紙一重。 幸福が大きければ大きいほど其の裏には大きな不幸が張り付いて居る。 大きな幸福が突然無く成れば、それは大きな不幸に成るだろう。 小さな幸福の場合には小さな不幸で済むかも知れない。 今はどうかと言われれば中くらいかな。 日本で共に過ごした10年間の内、... 続きをみる

    nice! 3
  • 街角スケッチ

    今が幸せ過ぎて、此の幸せが壊れるのが怖い。 いや、妻が居なく成る事を恐れる。 不幸は突然やって来る。 妻は飛ばし屋なので何時も事故を心配して居る。 若し、妻が居なく成れば此の世は地獄。 この歳に成って妻に先立たれるのは地獄。 年寄りが連れ合いに先立たれると、特に男の方は長く生きて無いらしい。 それ... 続きをみる

    nice! 6
  • 明日は我が家でお食事会

    いつも月曜に日本食堂でお食事会をしてると言うので、 先週初参加をしたが、隣の工事が喧しかったので、 翌週は何処か他に良い所は無いかと言うので、 それなら我が家でとお誘いをした。 そして、今日「明日は何人来られるか」と訊いたところ、 「3名だ」との事だった。 それを妻に伝えたところ、「もっと呼んで来... 続きをみる

    nice! 5
  • ブログを再開します

    ブログを辞めたのは本を読みたかったからです。 寸暇を惜しんで読みたく成った。 それは今まで日本でして来た事が間違って無かったかを調べる為です。 しかし、それはもう済んだ事。 今更間違って居たとしても仕方が無い。 それより前向きにこれからどうするかを考えようと思った。 だから日本の事は二の次。 今は... 続きをみる

    nice! 11
  • 今夜は豆腐煮

    朝風呂 今日の朝食(妻のバースデーケーキのお下がり) 妻はケーキが嫌いだが、誰かに貰ったらしい。 妻の誕生日は決して忘れない。 結婚記念日の前日だから。 車検の翌日だから。(関係無いか) 今日はこんなYOUTUBEを見て居た。 第2回前編 河添恵子の警告!中国の実情【神谷宗幣が訊く!】 【ワク脅迫... 続きをみる

    nice! 5
  • 最近のお手伝いさん

    滅茶苦茶声が大きい。 耳が遠いそうだ。 最初大人しかったのは単に喋らなかっただけの事。 最近は妻と怒鳴りあってる様に会話をして居る。 妻もチャキチャキの江戸っ子の様な性格だ。 それで、3人がベランダに揃ってる時、我が家の印象はどうだと妻に聞いて貰うと、 とても心地良いと。 そして、妻が言うには、淋... 続きをみる

    nice! 17
  • お手伝いさん到着

    いよいよ待望のお手伝いさんが到着。 勿論、妻の友人が送って来てくれた。 ついでに宴会。 妻の友人の旦那の友人と共に。 それでお手伝いさんはとても大人しそうな人だった。 妻の友人の姉と聞いて居たから、大入道の様な人かと内心、心配して居た。 友人の姉だから、妻より年上。 これから何年、お世話に成れるだ... 続きをみる

    nice! 17
  • パヤオの友人

    今日は朝から村のスピーカーが喧しいと思って居たら、チャクリー王朝記念日で休日だと。 それで隣県のパヤオの妻の友人の一家が遊びに来た。 その友人は学生時代からの妻の一番の親友で、 実はその友人の姉が今度お手伝いさんとして来てくれるらしい。 その相談かも知れない。 友人一家は今までも度々我が家に遊びに... 続きをみる

    nice! 12
  • 夫婦は助け合い

    昨日の夜食 昨日、私の車のクーラーの左半分の効きが悪いので修理したいと言ったら、 もう遅いから明日にしましょうと言って居た。 どうせ1日では終わらないのだから、早く行って預けて置こうと言ったのだが…。 すると、今朝早く車の音がするので、窓から見ると、彼女が私の車を外に出して居た。 声を掛けようと思... 続きをみる

    nice! 16
  • 男女同権

    男女同権と言うのは西洋思想で在って、それはそれで尊重されるべき思想では在るが、 日本の文化は、男は女を守るもの、女は男をカバーするもの。 男女同権と言うよりは、男女分業。 まあ、「女は男をカバーするもの」と言うのは、酔った勢いで書いてるので自信は無い。 私は妻を守って来たのだろうか。 その点につい... 続きをみる

    nice! 13
  • 妻の張り切り

    キッチンの方から妻が喉をエヘン、エヘンとする声が聞こえたので、起きて行くと、 何やらキッチンを整理して居る様子だった。 寒かったりすると妻は喉を鳴らす事が在る。 時計を見ると7時半だった。 今朝のベランダの温度は20.5度だったが、何故か昨日より寒さは緩んだ様な感じだ。 妻はスマホでは17.5度だ... 続きをみる

    nice! 18
  • お手伝いさんロス(2)

    昨日の夜から雨が降り出した。 乾季だと言うのに…。 いや、今年の乾季は異常に雨が多い。 ベランダの温度計は22.5度を指して居る。 今日はお手伝いさんが居なく成って2日目の朝。 少し慣れて来た。 朝ご飯は昨日食べ残したちらし寿司。 食べ残したと言うより最初から2回分のちらし寿司。 妻に負担を掛けな... 続きをみる

    nice! 17
  • お手伝いさんロス

    今頃に成って涙が出て来る。 小椋佳の歌はどうしてこんなに淋しい曲ばかりなのだ。 妻は1人で家事をしなければ成らないので張り切って居る。 私の朝食が遅いと落ち着かない様なので、「腹は減ったか」と聞かれれば「ウン」と。 昨夜の天ぷら素麺が堪えた。 素麺だけで腹いっぱいに成った。 しかも天ぷらは2人前は... 続きをみる

    nice! 12
  • さようなら、お手伝いさん!

    とうとう別れの日が来た。 彼女は泣いて居た。 私は慰める言葉も無く、ただ「元気でネ」と。 妻がメーサイに送って行った後、ガランとした部屋に居るのは空しかったので、 以前行った喫茶店「ザ・ワンダー」に行った。 そこでぼーっと過ごした。 ふと気が付くと、黒い犬がテーブルの向かい側で寝て居た。 ずっと寝... 続きをみる

    nice! 13
  • 会うは別れの初め

    思えば9年近く成る。 まさかこんな日がやって来ようとは。 てっきり私を見送ってくれるものだと思って居た。 娘が妊娠したので、孫の守りをしたい。 もう1人の娘も病気。 自分も病気がちで十分な仕事が出来ない。 ビザが切れる今月いっぱいで辞めたい。 そう妻から聞かされた。 妻が認めるなら仕方が無い。 元... 続きをみる

    nice! 18
  • 母のコレクション

    今朝は寝て居ると、妻が「これ食べるか」とベッドの横に持って来た。 眠け眼を開けて見ると、サンドイッチを差し出した。 勿論、答えはイエス。 ちょっとボリュームが多過ぎる、と眠け眼にも一瞬思った。 テーブルの前に行くと、やはり大きい。 まあ残してもいいやと思い、食べ始めた。 よく見ると、トマトの奥にハ... 続きをみる

    nice! 11
  • 母の書類の整理

    今日も気が付いて見るとブログ用の写真が無い。 外に出掛けなかったからだ。 家で母の書類の整理をして居た。 孫やひ孫の写真が随分たくさん額に入れて紐で括って在った。 日本で飾って在ったのかも知れないが、私は余り気が付かなかった。 タイに来て、ついぞ飾られる事は無かった。 母も見る気がしなかったんだろ... 続きをみる

    nice! 12
  • 母の書類

    今朝は6時頃に目が開いてベランダに行くと、空はまだ暗く、 辺りはシンとして居た。 唯、温度計を見ると20度だったが意外に寒く無かった。 鳥は朝早くから忙しく鳴いて居た。 エサの合図だろうか。 それに比べ、私は毎日ぼーっと暮らして申し訳ない気分だった。 2022.2.26-1庭 2022.2.26-... 続きをみる

    nice! 7
  • 妻のプライド

    今朝は10時半に起きると、妻はベランダで愛犬の耳のダニを取って居た。 取り終わると腰が痛いと言って部屋に戻りながら、餅はお手伝いさんが作れと言い残して。 11時に成るとお手伝いさんが食事をしますかと訊くので首肯した。 今日は三つ葉を餅の下に敷いてくれと言い残して私も部屋に。 暫くしてお手伝いさんが... 続きをみる

    nice! 9
  • 妻の元気が一番

    昨夜は新年の花火がポンポンと煩かった。 犬も怯えて居た。 結局、年末もグダグダと夜遅くまでYOUTUBEを見てしまった。 NHKの紅白が予想通りしょうも無いし、他の局を見てもイマイチだった。 今朝は6時から妻は雑煮を炊き出した。 ベランダの温度は21度。 まだ外は薄暗いが、清々しい空気だ。 ビルマ... 続きをみる

    nice! 12
  • 妻の年越しそばは世界一

    年末にはワクチンも打って万全だと思って居たのに、妻から電話が掛かって来た。 まだベッドでゴロゴロして居たのだが、何だろうと電話に出て見ると、 今、病院で検査をすると。 お腹の調子が悪いのだと。 妻は子宮がんで、昔、転移をした事が在るが、もう10年以上も前の事だし、 全く心配はして無かった。 唯、経... 続きをみる

    nice! 8
  • 妻がワクチン

    今日は妻がモデルナのワクチンを打った。 1回3千バーツ(約1万5百円)。 特に具合は悪く無い様だ。 まだ分からないが…。 少し腕が怠いと言って居る。 私も打ちたく成ったので、妻に予約してくれと言った。 友人に探して貰って居ると。 私は出来ればファイザーが希望だ。 妻は友人の分を譲って貰ったと。 友... 続きをみる

    nice! 16
  • 妻のトラウマ

    もう1年以上前の事だが、以前はジェネリックと言って、 元々開発した製薬会社と似た成分で薬を作って、 その研究・開発費を浮かした分安く提供されて居る薬の事だが、 そのジェネリックを薬局から買って飲んで居た。 病院に行くのが面倒で、同じ薬を薬局から買って居たのだが、 或る時、品切れで別の薬を同じ効果だ... 続きをみる

    nice! 8
  • タイに生きる(11)

    陽が差して居る公園をのんびりとネコが歩いて行く。 この団地はネコの天敵も居ないし、小さな野良犬が時々団地の中をうろつくぐらいだ。 いつもそんな光景を窓ガラス越しに眺めながら朝食をして居る。 生前、母は公園の向こうの家のベランダに人が居るのかなどとよく話しながら食事をした。 いつの頃からか、外の景色... 続きをみる

    nice! 10
  • 「諸行無常。」

    2日続けて雨が降らなかったので、お手伝いさんにバナナの水遣りを頼んだら、 「2日ぐらい大丈夫ですよ」と。 バナナの葉が萎れてるので心配だと言ったら、「これ位は普通ですよ」と。 そこで萎れてる葉と萎れて無い葉を指さすと、笑って「ハイハイ分かりました」と。 5時頃に成ってキッチンに行くと、ご飯を食べて... 続きをみる

    nice! 9
  • 妻に感謝!

    昨日の夜食 チョコレート・ケーキ。 これも正解だった。 食べて見ないと分からない。 今朝もお手伝いさんの具合が悪かったので、今日もパイナップル焼飯。 3時のおやつ。 ホッチキスを外したのに、まだ有った。 4時頃に成っても腹が減らないのでポタリングに出ようと思ったら、 外は結構日差しがキツイ。 それ... 続きをみる

    nice! 11
  • 妻が帰って来た

    まだ私が寝て居る頃、妻は帰って来た。 午前10時くらいだったろうか。 私がまだ寝床でうつらうつらとして居る頃、 ベランダの方で妻の声が聞こえた。 あゝ帰って来たんだ。 予想以上に早く帰って来たんだと思い、安心してまた眠りに着いた。 隣県のパヤオから無事に帰った事に安堵した。 それから起きたのは11... 続きをみる

    nice! 13
  • 街中のポタリング写真

    今日はタイトルをどうしようか迷った。 と言うのは、妻が隣県のパヤオに行って淋しいと言うタイトルにしようか、 或いは久し振りのポタリングにしようかと言う事。 やはり淋しいブログより明るいブログの方がいいだろうと言う事で、 久し振りのポタリングにした。 今日はとても落ち込んで居た。 妻が隣県に行ってか... 続きをみる

    nice! 14
  • 今日は牛丼

    一日があッと言う間に過ぎる。 それは昼寝が長かったからだが、気が付くとタイ語の勉強もして無い。 それで、ブログのネタが何か無いかと考えるが何も無い。 そりゃそうだ。 何もして無いから有るハズが無い。 いや、何も無いかと言うと実はそうでも無い。 或る事を考えたからだ。 それは「妻が生きて居る」と言う... 続きをみる

    nice! 13
  • お手伝いさんが帯状疱疹

    いつも腹いっぱいになるので、喫茶店に行くのは午後1時か2時頃になる。 昨日パンが無かったので豚まんを持って行った。 すると今日はパンが有った。 折角豚まんを持って行ったので、 パン用の皿に入れた。 4時半頃にいつもの友人が来たが、 今日も他の客は常連の女性客と、 以前見た事の有る持ち帰り客だけだっ... 続きをみる

    nice! 12
  • 散骨

    今日は10時に妻の実家の近くの寺に行き、 散骨の前にお坊さんに経を上げて貰った。 散骨するのは私の母と妻の姉三人分だ。 母は亡くなって5年経つが、 妻の姉一人は10年ほど経ち、 もう一人は3年ほど経って居る。 そして半年前に亡くなった姉の分と合わせて四人分、近くの寺で預かって貰って居た。 経緯は分... 続きをみる

    nice! 13
  • 今日はすき焼き丼

    妻の姉が亡くなってもう半年近く経って居た。 まだついこの間の様に思って居たのだが…。 明日は田舎の実家の近くでお経を上げて貰い、 ビルマにも近いラオスとの国境に沿って流れて居るメコン川に散骨に行く為、 妻は今日から実家に行った。 私は枕が変わると寝れないので、明日の朝行く事に。 実は私の母の骨も実... 続きをみる

    nice! 12
  • 愛情攻撃

    今日も寝て居たら「見て見て!」と叩き起こされた。 見るとうな重だった。 「2回で食べてよ」と。 「え~、2回~?」 と寝ぼけながらも不満そうに言った。 時計はもう9時半になって居た。 折角のご馳走だからと朝からビールを飲んだ。 少しに見えたが、4割ほど喰った所で、やっぱり2回分だと思った。 結局、... 続きをみる

    nice! 8
  • 妻が帰って来た

    妻から電話が有った。 「外に出た!」 「エッ!」「火曜じゃ無いの?」 「今日は火曜よっ!」 「エッ!今日は月曜かと思ってた」 火曜の2時半に空港に着くと言うメールが来て居たのだ。 最初の会話は笑いで始まった。 「じゃあ直ぐ行きます」 「急がなくていいから」 急いで空港に向かった。 暑いのに外で待っ... 続きをみる

    nice! 7
  • 在りし日の義姉を偲ぶ

    私は歳と共に、あの時こうして居れば良かったとしきりに思う様になった。 妻も多少はそう言う事も思うのだろう。 義姉は持病持ちで、バンコクのあっちこっちの病院に薬を貰いに行かねばならなかった。 それがネックで、妻が一緒に暮らそうと度々誘ったのだが、結局来なかった。 義姉の旦那はベンツを2台も持って居る... 続きをみる

    nice! 8
  • 妻からのメール

    「お姉さんなくなった」 電話では無く、メールだった。 何と返していいか、言葉が見つからなかった。 「悲しいね」の絵文字をスタンプした。 既読である事は妻には分かるはずだが、 何か返さなければと思った。 言葉が見つからなかった。 電話では無くメールだったから、 妻も喋りたく無かったんだろう。 その後... 続きをみる

    nice! 7
  • イスラム教の信心について

    妻が居ないので、今日はお手伝いさんとMAKROスーパーまで買い物に出掛けた。 買い物も一段落した頃、「人参は家に残ってるか?」と聞いたら、まだ有ると。 どれ位有るかと聞くと、1本だと。 それなら1本食べたら、また遠い此処まで来なくちゃならないじゃないか。 それじゃあ買って下さいと言うと、7-8本も... 続きをみる

    nice! 7
  • 妻はバンコクへ

    妻の姉の容態が悪いので、妻は今日バンコクに立った。 もう食事を摂る事が出来ないので、 喉からチューブで入れて居るらしい。 つい先日入院したばかりと聞いて居たのだが…。 もう喋る事も出来ない。 もう、故郷のチェンライに戻る事は無理だろう。 医者の話では、後3日は持つだろうとの事。 県外移動の許可は医... 続きをみる

    nice! 13
  • タイで暮らすと言う事

    大きな治療費や療養費が必要になれば、 日本の社会福祉制度に頼らなければ、負担が大きい。 或いは、年老いたら日本で終末を迎えたい。 年老いて日本に戻られる方の事情は様々だろう。 若し私が90になって日本に帰ったとしたら、 日本の景色は心地良いかも知れない。 唯、妻がそこで何か大きな問題、 例えば事故... 続きをみる

    nice! 7
  • お手伝いさん、朝寝坊

    昨日はお手伝いさんが朝寝坊をした。 10時になっても起きて来ない。 私は朝食を待つつもりだったが、 妻が機嫌が悪くなって来たので、ドアをノックした。 すると眠そうな顔をして起きて来た。 私は早速朝食のメニューを伝えた。 いつも無理を言ってるので、 お手伝いさんのペースに合わせるのがいいと思って居る... 続きをみる

    nice! 12
  • 愛犬シャンプー

    昨日は妻が愛犬のシャンプーをした。 ソンポーン。 9歳。♂ 我が家の露天風呂で生まれた。 とても甘えん坊で、 妻が居ないと、ヒーンヒーンと鳴く。 そんな時は第3順位の私が、あやしに行く。 第2順位はお手伝いさん。 いつも餌を貰ってるから…。

    nice! 14
  • 妻を母の様に

    知らぬ間に9月になってしまった。 昨日も昼間は晴れて暑かったのに、 夜になると雨が降り始め、涼しい夜中を迎えて居る。 現在午前零時45分。 肌寒いくらいで、日本の今頃の暑さを思うと、 とても有り難い気候だ。 それでも外気の新鮮な空気を取り入れようと、 窓の外の扇風機を回して居る。 お陰で夕食後の眠... 続きをみる

    nice! 12
  • 妻はメーサイへ!

    妻はメーサイへお手伝いさんを迎えに行った。 咳は少しましになったとは言うものの、 まだ、時々咳き込んでるのに大丈夫だろうか。 人に頼まれると嫌と言えない性格、 と言うか、頼まれもして居ないだろう。 勝手に気を利かして、じっとして居れない性格だ。 100キロ近くの距離をバスに揺られて帰るのと、 その... 続きをみる

    nice! 14
  • お手伝いさんからの電話

    昨日の夕方、お手伝いさんから電話が有った。 もう治ったと。 思ったより早く良くなって良かった。 更年期障害がそんなに早く良くなるとは思え無いのだが…。 唯、いつ帰るとは言わなかったそうだ。 妻の話では、どうも迎えに来て欲しいのではと。 まだバスに乗って帰る元気は無いらしい。 100キロ近くの距離を... 続きをみる

    nice! 15
  • 妻が風邪を引いて7日目

    昨日は題名を誤って7日目と書いて、後で訂正したが、 ブログ村での表示が戻らない。 どうやら題名の訂正は出来ないようだ。 だから今日7日目と書いたら、同じ題名が並ぶはずだ。 7日目の日に書いたから7日目としたのだが、 書いた内容は6日目だから6日目と訂正した。 だから今日は8日目だが、書く内容は7日... 続きをみる

    nice! 14
  • 妻が風邪を引いて6日目

    彼女が咳をする度に私の胸はキュンとなる。 もう峠は越えたように思うが、 咳の回数は一向に減らない。 私がこき使って居るのだろうか。 いやいや、そんなはずは無い。 私は出来るだけ彼女の手をとらないように心掛けて居るつもりだが、 一昨日の夜は、「うどんのダシが有るからうどんを食べるか」と言われ、 食べ... 続きをみる

    nice! 14
  • お手伝いさんが居なくなって5日目

    もうそろそろ「お手伝いさんが何日目・・・」って言う題名を変えなきゃいけないのでは…。 「妻が風邪を引いて何日目・・・」とか。 そうしないと、妻に対する愛情を疑われてしまう。 それはそうと、昨日は午後3時に31度になってしまった。 もうすっかり夏の天気だ。 家の中に居ても熱射病になりそうだ。 一昨日... 続きをみる

    nice! 15
  • お手伝いさんが居なくなって4日目

    お手伝いさんが居なくなって4日目。 昨朝は急に暑くなったと思って居たら、 妻は「今日は寒いね」と言った。 熱が有るようだ。 アイスノンがぬるくなって居るので、冷えたのをくれと言った。 タイの気象局によると21日から暑季に入ったとの事。 今年は随分早い。 ネットで京都の気温を見ると、24日の最高気温... 続きをみる

    nice! 16
  • お手伝いさんが居なくなって3日目

    お手伝いさんが居なくなって3日目。 妻は風邪を引いて居るが、何とか持ち応えて居る。 私も粉骨砕身、怠惰な体に鞭打って、 自分の食べる物は自分で冷凍庫から取り出して、温めて食べて居る。 だが、食器を洗うのは妻の役になって居る。 どうしても甘えが出てしまう。 妻は何も言わない。 当然のように洗って居る... 続きをみる

    nice! 15
  • お手伝いさんが居なくなって翌日

    お手伝いさんが居なくなった翌日、 妻は風邪で起きて来ないので、 私は外灯を消して回った。 これから頑張らなければと思ったが、 今まで怠惰な生活をして来たのに、急に頑張れる訳が無い。 出来るだけ妻に負担を掛けないように、 自分に出来る事は、出来るだけするしか無い。 私の食べる物は全て冷凍保存してある... 続きをみる

    nice! 16
  • お手伝いさんはメーサイへ!

    一昨日の救急車内(妻が撮影) 流石に低年齢層の隊員の救急車だけあって、 車内はキティーちゃんで溢れて居たと。 帰りはてっきり救急車で送って貰ったと思って居たが、 よく考えるとそんな事は無いはずだ。 タクシーで帰ったと。 70バーツ(約245円)。 結局、払ったのはそれだけ。 病院代は年500バーツ... 続きをみる

    nice! 14
  • お手伝いさんの病気

    昨日、お手伝いさんが具合が悪くなったので、救急車で病院に。 夕食の支度をして貰おうと声を掛けたら、 しんどいと泣きそうな声で言うので、妻を呼んだ。 目眩がして起きられないと。 夕食の支度は妻にやって貰ったが、 その後、妻が様子を見に行くと、「病院に連れて行く」と。 「起きられ無いので、無料の救急車... 続きをみる

    nice! 17
  • お手伝いさんが帰って来た!

    いや、それほど大層な事では無い。 娘に会う為に一泊して帰って来ただけの事だ。 唯、その間、妻は自分の存在感を際立たせる為、 腕によりを掛けてご馳走を作ってくれた。 と考えるのは、考え過ぎだろうか。 私も妻に冷凍食品を只温めて貰うだけでは能が無いと思い、 妻ならではの食事を所望したのだ。 でも結局妻... 続きをみる

    nice! 12
  • 母の思い出

    生前母に聞いた事が有る。 「寝てばかりなのによく食べられるね。」 「寝てても胃は働いてるからね。私は胃腸だけは丈夫なんだよ。」 ほぼ寝たきりになった頃聞いた。 今から思えば凄い事だ。 いや、その時も大したもんだと思ったが、 今の自分を省みても、あの時の母の凄さがよく分かる。 寝たきりになる前は、ほ... 続きをみる

    nice! 14
  • 妻がチェンマイに行ってしまった。

    妻がチェンマイに行ってしまった。 だから筆が運ばなかった。 寂しい。 妻が私の全て。 いや、妻の記憶が私の全て。 チェンマイにバイトに行った。 日本人観光客のガイドをする。 早く戻って欲しい。 年甲斐も無く、メロメロ。 いや、ボロボロ。 愛犬も寂しがって居る。 お手伝いさんも…。 (いや、それは分... 続きをみる

    nice! 15
  • タイの暖かい冬に感謝

    信じるものが無いので、神に感謝と言う事では無い。 誰にと言う事で有れば、両親に感謝。 よくぞ私を生み、育ててくれた。 父と母は再婚だった。 両方とも先妻、先夫に先立たれ、再婚をした。 母の先夫は病弱で、1年ほどして先立った。 父の先妻も病気で、3人の子を残して先立った。 当時は戦後間も無い頃で、余... 続きをみる

    nice! 13
  • お手伝いさん、始動!!

    ビルマからの里帰りの疲れは無いのだろうか。 早速、大車輪で仕事を始めた。 まず、溜まって居た私の洗濯物から、庭掃除、妻の天ぷら調理の手伝い。 朝早くから休む事無く働いて居る。 私が風呂に入ろうと思ったら、風呂掃除までして居た。 そして、私が風呂から上がったら、天ぷら素麺の配膳を彼女に依頼する。 随... 続きをみる

    nice! 12
  • 「お手伝いさん、お帰り」

    目覚めるとお手伝いさんが帰って居た。 外はすっかり暗くなって居る。 風呂上りにキッチンを覗くと、ご飯を食べて居た。 「お帰り」と日本語で言った。 「アライ、ピー」(何ですか?)と答えた。 私は何も言わなかった。 すると彼女は、私がわざと日本語を言ったのを察して笑った。 意味が分かったのかどうかは分... 続きをみる

    nice! 12
  • お手伝いさんの里帰り

    昨日は、お手伝いさんが里帰り。 ビルマとの国境の町メーサイまでは、ワンボックス・カーの乗り合いバス。 80キロが40バーツ(約130円)。 乗車定員は普通のバスより少ないのに、ほぼ同じ値段。 30分に1本位出ている。 随分便利になったものだ。 バスターミナルまで送って行ったが、随分沢山の荷物を持っ... 続きをみる

    nice! 15
  • 犬を飼うと言う事

    「捨てた日も、散歩と思って喜んで出かけて行った。」 FACEBOOKでこんな投稿を目にした。 私は涙が止まらなかった。 以前、日本に住んで居た頃、愛犬が毎晩鳴いて、近所迷惑になるから、 我慢出来ずに、妻にこう言った。「明日、保健所に連れて行くから!」 妻はただ泣くだけだった。 結局、私の怒りは翌日... 続きをみる

    nice! 14
  • 父の夢

    昨日は父の夢を見た。 父の夢を見るのは久し振りだ。 私が高3の時に亡くなって以来、父の夢は一度か二度位しか見て無い。 余りに早く亡くなったので、父の事を想うのは悔しいので、 自ら父の記憶を封印して来たのでは無いかと思って居る。 それが母も亡くなり3年経って居るのに、何故解けないのか不思議なのだが、... 続きをみる

    nice! 9
  • 昨日の夢

    昨日は久し振りに母の夢を見た。 寝言を言ったと気付くのは5年か10年に一度位だが、 昨日は寝言を言って目が覚めた。 「早くしてよ!」と母に言った拍子に目が覚めた。 母が一人で立つ事が出来ないので、顔を洗う為に私が後ろから支えて居る夢なのだが、 認知症の母が他の人とぺちゃくちゃ喋って中々洗わないので... 続きをみる

    nice! 7
  • 妻のこと

    昨日も妻はチェンマイに遊びに行った。 どうも毎日が退屈な様だ。 日本に居る時は、毎日友達と会ってお喋りをしたり、 楽しく過ごしていた様に思ったのだが、 タイに住んでからは、時々は友達と飲み会などを楽しんで居る様だが、 日本に居る時ほどでは無いのかも。 日本に居る時は、同郷のタイ人と言う、異国ではか... 続きをみる

    nice! 7
  • 姉のこと

    カレー鯖は昔食べた事を思い出し、妻に頼んだものだが、 何処で食べたのだろうか。 母はそう言う料理はしない人だった。 薄味の京料理。 父が血圧が高かったので、塩分控え目だった。 下の姉の家によく遊びに行ったが、姉は手作りの餃子とか、 焼き肉とか、若者の料理が多かった。 多分姉の家で食べたのではないだ... 続きをみる

    nice! 9
  • そもそも結婚とは(つづき)

    前回、そもそも結婚とは、いや、夫婦とは何だろうか と言う事について、社会学的に考えて来ましたが、 今回は、心の問題として考えて見たいと思います。 キリスト教では、誓いや契約と言う言葉で表されて居ますが、 そもそも一緒に居たいと言う願望は、異性としての魅力とか、 人間的な魅力とか人様々でしょう。 唯... 続きをみる

    nice! 8
  • そもそも結婚とは

    そもそも結婚とは、いや、夫婦とは何だろうか。 私が今後生き続けて往く上で、連れ合い無しの生活と言うのは考えられないし、 今迄の人生に於いても、彼女と生きて来た日々を思うと、 独身だった時代と比べて、格段の違いが有ったと思わずには居られない。 しかるに此のチェンライに於いては、独身の人も結構多い。 ... 続きをみる

    nice! 9
  • 女中さんの里帰り

    昨日は、久し振りに女中さんが里帰りをした。 娘は学校が始まるから、4日後に300キロ奥地のタウンジーに帰ると言う。 そして、女中さんが旦那と喧嘩したと言う。 確か前は、娘は別れた旦那とビルマ側の国境の町、 タチレクの近郊に住んで居ると聞いて居たが、 どうやら学校の休みの時だけ、別れた旦那の家に来る... 続きをみる

    nice! 8
  • 妻の想い

    妻の日本に対する想いと言うのは、どう言うものだろう。 水知らずの外人と結婚して、 それまで、日本と言う国に対する憧れと言うものは有ったかも知れないが。 期待と不安に胸を膨らませて、日本に来たのだ。 先進国と言うイメージは、彼女の期待通りだったかも知れない。 そこで過ごした10年間は、彼女にとって素... 続きをみる

    nice! 11
  • 友人宅に母犬が戻ってしまった。

    実は、妻が昨日実家に帰る際、 慣れない母犬(チョーク)を我が家に置いておけないと言う事で、 一緒に連れて行った。 そして、今日戻って来ると、「友人がチョークを連れ戻しに来た。」と。 8年振りの我が家には、やはり慣れるには時間が掛かったと言う事だ。 いや、友人が淋しかったのではないか。 8年も一緒に... 続きをみる

    nice! 8