チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで12年。日々の暮らしを綴ります。

新喫茶店が定着

今日で取って置きの喫茶店は4日目。
どうやら新しい喫茶店が定着して来た様だ。
朝起きるのが楽しみになって居る。
朝はいつもの様に蓮根、切干し大根など。
朝早く食べて早く行きたかったのだが、
腹いっぱいになって中々行けない。


切干し大根

妻は食事の用意


やっとコーヒーが飲める状態になって急いで行った。
此処も今までの店と同じ様に客が来ない。
静けさの中に蛙が喧しいぐらいだ。
すると間も無く車が停まって、
入って来たのは知り合いの夫婦だった。
私がグーグルマップで知らせて置いたのだ。
団地の中とは知らず、探すのに苦労したと。
大層お冠だった。
グーグルマップには団地と書いて在るのに…。
兎に角、昨日お知らせして直ぐに夫婦で駆け付けて頂いた。
夫婦で食事をされたが、私がお勧めのドリップコーヒーはイマイチだったらしい。
昨日の友人も言って居たが、ビールが無いのが残念だ。
持ち込みも不可で、
若し私も食事をするならビールは欠かせないのだが…。
若しかしたら団地の中なので制約が有るのかも知れない。
夜も閉まってしまう。
唯、コーヒーに入れるウイスキーなどは構わないので、
私は今日はラム酒を入れて貰った。
お陰で勉強が…。
彼らが帰った後、5時前まで頑張った。



そして、帰り道の途中、近所の喫茶店を窓から覗くと、
私の座って居た席は表側に移動され、
元の場所には2人席の応接セットが置いて在った。
若しかしたら私の為にクーラーの風が当たらない様に配慮してくれたのかも知れない。
或いは私が座って居れば表からよく見えるので、
招きネコの役割がよく果たせるのかも知れない。
それでも私は行かない。
だって新しい所が良すぎるから。
ところで洒落たBGMが掛かってるのでご主人に聞いたら、
有線放送の様だ。
最初、スマホからだと聞き違ったが、
有線放送の様な機器が置いて在った。
そう言う便利なシステムが在るのに、
近所の喫茶店はスマホが音源なので、
若しかしたら金持ちでは無いのかも。
だって、配達用の焼き飯を作ったり、
学校でトウモロコシを売るだの、やる事がショボイ。
だが私にはもう関係無い。



さて、夜は豚テキ。
楽しみが増えると食欲も湧く。
ビールも飲める。



×

非ログインユーザーとして返信する