チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

そもそも何故タイか

「この広い世界で、人生の一瞬が、この国でクロスした。」
それが妻との出会いだった。

新採の頃、人間関係でストレスがあった。
13年程経った頃、再び人間関係でストレスが生じた。
それは新採の頃以上のものだと感じた。
日々の苦痛から海外旅行でもして、一時的にでもリフレッシュしたいと思い、

安近短のアジア方面のビーチリゾートでのんびりしたいと思い、
フィリピンのセブ、インドネシアのデンパサール、
タイのパタヤのパンフレットが目に留まり、
生協にどこか取れたらと頼んでおいたら、タイが取れたと連絡があった。
4泊5日のツアーだった。
ところが初めての海外旅行にして、

タイ航空の飛行機の整備不良で初日に飛ばなかった。
大阪のホテルに泊まらされ、3泊4日のツアーとなつた。

そんなこんなで辿り着いてみると、
そこは、一昔前の日本を思わせる不思議な懐かしさと、
終戦直後を思わせるバイタリティー溢れた街の雰囲気に圧倒され、
すっかり魅了されたタイに何度も訪れるようになった。
3回目からはツアーではなく個人旅行にした。
そして、一人で街中をうろうろしている内に道に迷い、

交番に駆け込んだところ英語も通じず、これはダメだと思い、
帰国後、タイ料理店で留学生が教えているタイ語教室に半年通い、
少し喋れるようになると、益々タイにのめり込んでいった。
バンコクの渋滞、排ガス、喧騒に飽きてくると、

タイ第二の都市、北タイのチェンマイに訪れるようになつた。
近くにもっとのんびりした町、チェンライがあることを知り、

今度は訪問地をチェンライに移すようになった。
そして、妻と出会った。
タイに来るようになってから9年が過ぎていた。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。