チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで14年。日々の暮らしを綴ります。

人生百年時代

日本では「人生百年時代」と言われて居るが、在住の人は割と早く亡くなる。
ガンが多い。
食べ物のせいだろうか。
唯、見た目は若く見えるらしい。
最近は日本に帰って無いのでよく分からないが、
日本に住んでる人より若く見えるそうだ。
自由で伸び伸び生きてるからだろうか。
日本に住んでた時は隣り近所を気にして居た。
それがタイに来て、隣は何をする人ぞ。
タイ人は全く個人主義だ。
百歳に後一歩で亡くなった方が居られる。
私の母より1つ年下だった。
日本人会を辞められて5年後位に訪れた時はお元気だった。
それから2-3年後だっただろうか、再び訪れた時は、反応がイマイチだった。
テレビで相撲を見て居られた。
私が訪れてもテレビを見たまま。
漸く振り向いて「よく来た」と言う目で見られた。
食べ物の事とか、散歩の事とか尋ねた。
カレーライス。
散歩は玄関から門の所までの往復。
庭には自慢のブーゲンビリアが咲いて居た。
以前はゴルフもされて居た。
その後どう言う訳か訪れなく成った。
訪れた甲斐が無かったせいだろうか。
そして、或る時、或る人からお亡くなりに成ったと聞いた。
1ヵ月以内だったと思うが、慌てて弔問に行った。
奥様はご不在で、娘さんが居られた。
「後1ヵ月で百歳だった」と何度も惜し気に話されて居た。
もう散歩も出来ず、余り食も進まなく成ったと。
今にして思うと、日本人会を辞められた事が残念で成らない。
1人淋しく過ごされたのではと。
唯、よくぞ百歳近くまで生きられた事よ。
私は来月73に成るが、とても其処までは…。
唯、百歳近くまで生きられた方が居られると言うだけで大層励みには成る。
若し私が百歳まで生きたら、妻は83。
タイ人は寿命が短いので生きて無いかも知れない。
くわばらくわばら。



今日の朝食


唐辛子


明日のお食事会の準備(ちらし寿司)


さて、今夜は豚のステーキ。
いつも美味しい料理をありがとう。



今日はこんなYOUTUBEを見て居た。



ただお前がいい