チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

タイに住んで10年(其の7)

元々妻は料理は上手だったのだが、
来タイ後、母は余りタイ料理が食べられ無かったので、
ずっと日本料理ばかり食べて居た。
母は歯も悪く、辛い料理もダメだったので、
私も一緒に柔らかい日本料理ばかり食べて居た。


母が亡くなってもう3年経つが、未だにそれが続いて居る。
妻のタイ料理も、他のタイ人妻が羨むほど旨くて、
何かの時は、いつも彼女が中心となって料理をする。


実際、私も彼女の料理は、京都のタイ料理店に引けを取らないと思って居る。
いや、それ以上だと思って居る。
だから、彼女がトムヤムクンだとか、グリーンカレーなどを作ってくれると、
この上無く嬉しい。


それで、それらを和食と共に、日替わりメニューの中に組み込んで居る。
もっとタイ料理のメニューを増やしたい処だが、
如何せん歳と共に歯が弱くなって、スペアリブなど、
硬い料理の多いタイ料理は、増やし難くなって居る。


だから、日々の料理は、鶏粥、雑煮、蛤の吸い物や味噌汁のぶっ掛けご飯、
つまり、猫マンマとなって居る。
それに、すき焼、天ぷら、刺身、カレーと柔らかい物ばかり。
他には、おでん、コロッケ、ハンバーグ、豚カツ。
豚カツも柔らかいヒレ肉を使う。


お陰でこのままこう言う柔らかい料理なら、
歯が無くなっても死ぬまで困らないだろうと言う安心感も有る。
母が死ぬ間際まで食べて居たのは雑煮だったからだ。
母は総入れ歯だったが、認知症が進むとそれも使えなくなった。


今はインプラントと言う便利な物が出来て居る。
現に私も1本は、メーサイでやって貰った。
その歯医者には、総インプラントの写真の看板が、道路に立てて有る。
バンコクまで出張する名医だ。
私の一生はこれで安心。
私より先に死なないで。





タイに住んで10年(其の6)

タイに住んで10年と言う事は、丁度、日本で最後に住んだ家も10年だった。
勿論、日本ではバリバリの現役だったが、余暇も結構楽しんだ。


毎週土日には日帰りの小旅行。
平日の夜は専らテレビかビデオだった。
土日には王将や天下一品ラーメンとか回転寿司にもよく行った。


チェンライでは小旅行をする所が余り無い。
そう言えば、日本では他県のスーパー銭湯にもよく行ったが、
チェンライには温泉は有っても、スーパー銭湯が無い。
京都では他県を含めると、何十軒ものスーパー銭湯が有ったが、
こちらでは温泉は6軒しか無く、しかも日本ほど寒く無いので、
早々には行けない。


幸い日本のテレビも見れるし、ダビングしたビデオも一杯貰ったので、
夜のビデオ観戦は、日本に居る時と余り変わりは無い。


問題は、昼に何をするかだ。
タイでは労働から解放されて居るので、余暇の時間は山ほど有る。
日本でも退職後、毎日小旅行をして居たら、たちまち飽きて居ただろう。


畑いじりの好きな人から見れば、
羨ましがられる程の菜園が有るのだから、
晴耕雨読で読書三昧としゃれ込む手も有るのだが…。


まあその代わり、ブログを書いて居る。
畑仕事は私には向かない。

金も掛からないし、ボケ防止にもなるだろうし、多分これで正解なんだろう。


後は適当に散歩して、健康に留意さえすれば。
食べ過ぎさえしなければ。


別に妻にベッタリでも構わないだろう。
現役の時は逆だったのだが…。


(つづく)





女中さんの里帰り

昨日は、久し振りに女中さんが里帰りをした。
娘は学校が始まるから、4日後に300キロ奥地のタウンジーに帰ると言う。
そして、女中さんが旦那と喧嘩したと言う。


確か前は、娘は別れた旦那とビルマ側の国境の町、
タチレクの近郊に住んで居ると聞いて居たが、
どうやら学校の休みの時だけ、別れた旦那の家に来るらしい。
それと、確か旦那とは別れたと聞いて居たが、さも夫婦喧嘩した様に泣いて居た。


只でさえタイ語が十分で無い女中さんとの会話は、
こう言う込み入った話は中々正確には分からない。


タチレクから150キロ位のチェントンと言う町に息子が住んで居るので、
今回は、そこで娘と一緒に会うらしい。


私のお気に入りのウイスキーが残り少なくなったので、彼女に頼んで置いた。
一杯買って来てと言うと、一人1本までなので、私が車でメーサイまで送れば、
其の近くに住んでる弟や妹が、その時2本買えると言った。
弟はメーサイ側、妹はタチレク側に住んで居る。
妻に相談すると、女中さんは忙しいから、止めた方が良いと言うので従った。


何でも妻の言う通り。
女中さんに何か頼む時は、妻を通して頼む様にして居る。
月給を渡すのも必ず妻から。
全て、妻が仕切って居る様に見せて置く方が上手く行くのだ。
本当は私が牛耳って居るのだが…。
(あくまでも、ブログ上の話です)



昨日の昼食 クイッティアオ(タイ麺)


今日の朝食 もち米と焼き豚と茶碗蒸し


タイに住んで10年(其の5)

家の話をしたので、ついでに庭の話もして置きたい。
私が庭は芝生にする予定と言った時、
木を植えればいいと忠告してくれた人が居た。
その時は、長年の夢だった芝生に憧れて居たので、
そう言う忠告は耳に入らなかった。


今それを非常に後悔して居る。
もう少し視野を広く持つべきだった。
ネットを見て、色々検討すべきだった。
いや、ネットで調べても、木の素晴らしさは経験しなければ、
その良さは分からなかっただろう。


今更木を植えても、伸びるのに何年も掛かる。
あの時植えて居れば、もう10年経ってるから、相当伸びてるはずだ。


タイでは芝生もいいが、やはり木の涼しさには敵わない。
それに芝生は雑草との闘いになる。
木は生い茂ると、下には雑草も生え難くなる。
竹を植えた事が有るが、下が笹の葉だらけになり、芝生も枯れてしまった。


以前、妻に木を植えれば良かったと言った事が有る。
彼女は、蚊と蛇で大変だとか言って居た。
私も真剣に思って居た訳では無かったので、それ以上言わなかった。


我が家は街中なので、木が林立して林の様になれば、折角広い庭なのにと、
いつも後悔して居る。


今更木を植えるのも癪なので、木を植え無くて良かったと思える様な、
そう言うアイデアが何か無いかと思案して居る。


少し庭の広いお宅には、大抵家の回りに木が植えて有る。
いや、狭い庭でも、木が覆い繁って居る家が有る。
そんな家を見ると、さぞかし涼しい事だろうと羨ましくて仕方がない。


ところが我が家の向かいに一本の木も植えて無い家が有る。
地面は全てコンクリートで覆われ、雑草の生える余地も無い。
植木鉢一つ置いて無い。
それが、ご主人は何と森林保全の公務員とか。
木に飽き飽きして居るのだろう。


それと、妻の実家の近所に、お年寄りの一人暮らしで、見事な芝生の家が有る。
どうやらタイでも、木を植える派と植えない派が有る様だ。


これで少しは私の気持ちも慰められると言うものだが、
本当は木を植えたかった。
それも「この木何の木、気になる木…」と言う歌で有名な、
あんな大きな木を植えたかったのだ。


(つづく)




タイに住んで10年(其の4)

別棟の増築は、簡単では無かった。
設計図が有ったのか無かったのか、

いや、当時の私には設計図の事さえ念頭には無かった。
増築は地主の看護婦のご主人が、その団地の家の建設をして居たので、
彼に頼んだのだが…。


そのご主人は、愛想の良い、おおらかな現場監督だったのだが、
やはり設計図が無かったせいか、私の思って居る事と違う事が結構多かった。
いや、余り細かい事は事前に言わなかったので、当然の結果かも知れないが、
細部はその都度聞いてくれると思って居た。


それは私が建築の素人だからと言う事も有ったと思う。
どの段階でどう言う進捗になるかが分からなかった。
それで随分やり直しもして貰った。


決定的だったのは、別棟と母屋をフラットにして欲しいと言ったはずだが、
段差が出来てしまった。
どうしてこんな基本的な事が伝わらないのだろうと、私は憤った。
全て妻に通訳して貰って居たのだ。


そんな時は、妻はいつも監督の肩を持つ。
私はその事にも大きな不満を持って居た。
貴方は私の妻でしょ?
どうしていつも監督の肩ばかり持つの?と。


今でもそれは謎なのだが、いや、他人より身内に厳しくと言うのが、
彼女の処世術、或いはそう言う性格が、今では少し理解出来る様にもなったのだが


その時は憤って居たので、彼女が何とかその場をとりなそうとした時、
私はその怒りを彼女にぶつけてしまった。
そしたら、彼女は切れてしまって、泣いて私に抗議した。
直ぐに誤ったのだが…。


そんな事を何度も繰り返して来た。

今思っても私の至らなさと言うか、無知と言うか…。
私はタイに来て、短気になってしまったのだ。
現役の頃は沈着冷静、どんな場面でも自分の感情を抑えて、事に当たって来た。


それがタイに来て、誰かに気兼ねをすると言う事も無くなり、
全て自分の思い通りになるものだから。
特に金銭面に於いて、日本では考えられ無い様な贅沢が出来るものだから、
有頂天になって居たのだ。
まるで殿様の様に…。


それと、日本だったらこうなのにと言う不満が、ストレスとして溜まって居た。


今は大分タイに慣れて来たと言うか、自分の考え違いにも気付いて来たので、
馬鹿なストレスを抱える事も無く、平穏無事な日々を過ごして居る。
未だにしょうもない事に腹を立てて居る人を見ると、
馬鹿だなあと思いながらも、諭してあげる気にもならない。
どうせ言っても、分かりゃあしない。


いや、実は私だって、自分の馬鹿な部分には、気付いて無いだけなんだろう。


(つづく)