チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

豚の串焼き

朝目覚めて、目が開くまでの間、ベッドの上でごそごそして居るのが心地良い。
一晩重力から解放された足や手、そして体をごそごそ動かして、気だるさを感じる。
カーテンを閉めた窓の外からは、豚の串焼きの匂いが微かに入って来る。
暫くすると目が開いて、ベッド横のパソコンに繋がったテレビ画面を見る。
今日は何を食べようか。
食事のローテーション表は無視をして、また昨日の豚の串焼きが食べたくなった。
ベッドから起き上がると、もう十分意識は覚醒してたので、ふらつく事も無く立ち上がれた。
トイレに直行して時計を見ると、1日の始まりを自覚する。
時間は7時32分。
日曜日。
11月4日。
19度となって居る。
だがこのデジタル時計の温度計は、低目に表示する様だ。
以前ベランダに持って行っても、壁の温度計より2度ほど低目の表示だった。
ベランダに出て、愛犬をいじめながら、いや、可愛いながら、
「今日は日曜だから、豚の串焼きは売ってるだろうか。」と妻に尋ねた。
日曜は通勤客が居ないので、道端の屋台は閉まって居るのだ。
妻は「分からん」と言った。
暫くして、「串焼きが食べたいのか?」と妻が聞いたので、「うん」と言うと、
妻は作りに掛かった。
餅米は買いに行った。
お手伝いさんに味噌汁を頼むと、もう無いとの事。
仕方が無いので赤出しを頼んだ。
豚の串焼きには味噌汁が合うのだ。
昨日もそうした。
出来上がった豚の串焼きは、びっくりする位旨かった。
一見ハンバーグの様だが、ミンチでは無く、豚肉そのままだった。
妻にどの部位だと聞くと、「分からん」と。
今まで食べた事の無い味だった。
食べ終わってブログを書こうとしたら、妻が味噌汁に入れる豆腐を買って来てと言うので、
ブログを書くのが遅くなった。
もう、10時になって居る。
日本では12時だ。
この時差が無ければもっとゆっくり書けるのだが…。


今日の朝食。豚の串焼き。


昨日の朝食。豚の串焼き。


昨日の昼食。天ぷら素麺。


昨日の夕食。野菜炒め。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。