チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

高が麩、されど麩

在住の友人が帰国から戻り、土産に麩を買って来てくれた。
最近では輸入食品店でも売られる様になって来たが、
輸入品だけあって高い。
日本で買うよりかなり高いので買う気がしない。
高が麩にそんなに金を掛けるなら別の物を買いたいと思うのだが、
麩は中々栄養豊富らしい。
しかも我が家では、すき焼や味噌汁などに必需品だ。
だから訪タイの友人には、いつも買って来てくれる様頼んで居る。
軽いから頼み易い。
ところで、土産に麩を買って来てくれた友人は、再入国許可を得ず出国してしまったので、
折角の1年ビザが無効になってしまった。
ビザを貰った事で再入国許可をすっかり忘れて居たのだ。
今まで余り再入国許可を申請した事が無いのだ。
いつも日本の大使館でビザを取得して居たのだ。
再入国許可(リエントリー・パーミット)と言うのは、ビザを取得した者が出国する際、
またタイに戻りますよと言う意思表示で、それが有れば出国しても、ビザは失効しない。
実は私も一度失敗した事が有る。
チェンライ空港で気付いたのだが、
空港の職員がバンコクでの乗り継ぎ時にも出来ると言うので、
信用して行ったら出来なかった。
そもそもチェンライの入国管理事務所でやって置けば良かったのだ。
歳と共に失念が増えて来る。
それで彼の為に夫婦で手助けをする事になった。
新規の申請は煩雑で、タイ語の出来ない彼には重荷なのだ。
私はいつも妻に丸投げなのでへっちゃらだ。
だから夫婦で手助けと言っても、私は運転するだけ。
勿論妻も運転は出来るのだが。



暑いのにわざわざ日当たりに寝て居る。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。