チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

夏の日差し

ベランダの温度計は31度を指して居た。
庭は夏の日差しだ。
涼しい風が吹いて来るので、暑くは無い。
暑いのが好きな愛犬も心地良さそうだ。
寝汗で蒲団が濡れたので、扇風機で乾かす様に妻からの指示を受け、
敷布を替えて貰った。
ビルマとの国境の町メーサイで、妻が先日数枚買って来た物だ。
値段は聞いて無いが、数枚買ったから安かったのだろう。
とても寝心地が良い。
朝飯を喰ってからインターネットを見てベランダに出た。
この雨季の季節も雨が降らないと、夏の様な気候になる。
もう、ぼちぼち乾季が近づいて居るのだろう。


昨夜はインターネットが繋がらないので四苦八苦した。
夜中だから寝ればいいのに、繋がらないと気になって仕方が無い。
結局諦めて、今朝やって見ると繋がった。
システムの復元をやったり、取り消したり、試行錯誤の末、回復した。
もう、ネット人間になってしまったから、ネットが繋がらないと禁断症状の様に喉も渇く。
それに、明け方は変な夢を見たから、昼の今になっても、まだ頭がぼうっとして居る。
虎か何かに追いかけられた夢だ。
登場人物の半分は、私の知って居る人間で、何処か懐かしい顔ぶれだった。
毎日、こんな生活が続いて居る自由で気侭な日々。
夢だけは、何かと束縛から逃れられ無いが、
起きれば自由、気侭な年金生活。
起きたい時に起き、寝たい時に寝る。


これから風呂に入って、昼寝でもするか。
いや、その前に昼飯を喰わなければ。
メーサイで買ったウイスキーが、私を待って居る。



今日の朝食。味噌汁ぶっ掛けご飯と目玉焼き。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。