チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

友人の帰国後(其の4)

友人の帰国後、あっと言う間に一週間が過ぎた。
よく考えて見ると、友人が来て居る間は余り雨も降らず、
曇り空の日が多かったので、エアコンも殆ど点けなかったが、
彼の帰国後、暑くなったので、久し振りにエアコンを点けた。
時間が経っても中々冷えないので、変だなと思って居たが、
どうやら故障してる様子だ。
もう、10年近く経って居るので、故障しても仕方無いと思い、
隣の家の使って無いエアコンを持って来て取り付けて貰った。
一台につき1,500バーツ(約5,000円)。
もう一台も壊れて居たので、ついでにやって貰って、
ガス充填代も合わせて、計3,500バーツ(約11,500円)。
ところが、付けて貰った所が前と違って居て、通路が狭くなった。
私も昼寝をして居たので迂闊だったが、
メーカーが違うのでコードの長さが違って居たのだと。
まさか違う場所に付けるとは思っても見なかった。
妻は起きて居たが、彼女も私が言うまで気が付かなかった。
流石タイの工事だ。
もう取り付けは終わって居るので、今更やり直して貰うのも馬鹿らしい。
日本では有り得ないが、これがタイ。
日本なら同じ場所にならないがどうしますかの一言位は有るはずだ。
彼女の話では、普通タイ人は何も聞かずにやるとの事。
久々に「後の祭り」を味わった。


もう一件。
今度は彼女の車のバッテリーが上がった。
もう、10年近く経って居るので、壊れても仕方無い。
と言うか前回いつ交換したか覚えて無い。
もう5時近くになって居るので、彼女をせかして近くのバッテリー屋に走らせた。
2, 100バーツ(約7, 000円)。


この日は、5,600バーツ(約18, 500円)の大出費となった。


翌日は、またまた近くの団地のプールに出掛けた。
その日は珍しく、二人の男性が居た。
途中で彼らは居なくなり、また、貸切状態となった。
2時間ほどぷかぷかと浸かったり泳いだりして居ると、
子連れが入って来たので切り上げた。
携帯を見ると5時近くになって居た。
またまたタイの贅沢を味わう一日で幕を閉じた。



味噌汁と茶碗蒸しの朝食


天ぷらと素麺の夕食


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。