チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

友人の帰国

日本から友人が来て11日目。
いよいよ帰国の日となった。
朝9時10分チェンライ発の為、彼は7時半には家を出たいと言って居たので、
妻は早くから朝食の準備をして、料理が出来たと声を掛けられたが、
私はとても眠かったので起きられ無かった。
友人だけ食べたので、何の料理かも分からない。
何とか起きようと思ったのだが、只眠いだけでは無く、頭がふらついた。
多分睡眠不足のせいだろうとは思ったが、異常に頭がふらつく。
唯、空港までは近いので、何が何でも起きて、彼を送らなければと思い、
ふらつきながらも、起き上がって彼を空港まで送った。
妻も一緒に送った。
空港では意外に朝早くから混んで居て、
建物への入り口から列が出来て居た。
私は車から降りられ無かったが、妻が彼と共に荷物を車から出して、
車の中から彼を見送った。
頭はふらつきながらも、何とか運転は出来た。
空港までは車で10分ほど。
彼を見送った後は、寂しさも有りながら、肩の荷も下りたと言うほっとした気もして居た。
妻が空港近くのMAKRO(卸しスーパー)に寄りたいと言うので、
頭はフラフラするが、彼女もほっとして、気持ちを切り替えたい様だったので、
彼女の言うままMAKROに行った。
MAKROで買い物をして居ると、何だか私もいつもの生活に戻った様だった。


朝食の鶏粥


昼食は前日の残りの春雨


夕食は鮭の刺身と葱トロ




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。