チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

日本からの友人(其の8)

日本から友人が来て8日目。
朝食にトムヤムクンを食った後、再び近くの団地のプールに出掛けた。
その日も貸切状態。
使用料は70バーツ(約230円)。
緑に囲まれた閑静な住宅街の中に有り、山も望める。
今まで独りで来るのは躊躇して居たが、
友人が帰ってからも一人で来ようと思った。
こんないい所を利用しないのは勿体無い。
真夏が過ぎても十分泳げる。
タイ人はシーズンが過ぎたと思って居るのだろう。
まるで利用者が無い。
管理人と掃除の人だけが居る。
利用してあげないと勿体無い。
植木職人も何人かで剪定して居た。
帰ってか
ら、昼食は赤い汁のうどんが出て来たので、「是は血か?」と聞いたら、
「違う」と言うので安心して食べたが、訳が分からん味だった。
不味くは無い。
夜は貝柱と芽キャベツ。
妻は「日本では芽キャベツは食べない」と言って居た。
ネットで「芽キャベツ」と引いて見たら全然違って居た。
キャベツの芯の方だと言って居た。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。