チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

二つのニュース

《チェンライの洞窟で行方不明の13人の少年達発見!》


行方不明になってから10日目の2日夜、全員の生存が確認されました。
大雨による洞窟内の増水で潜って泳いで出る必要がある。
或いは、水位が下がるのを待つ必要がある。
よく生きて居たものだ。
発見したのは、イギリス人のダイバーで、洞窟内での潜水のプロとの事。
取り敢えず水と食料、そして酸素も届け、医師を派遣して健康状態のチェック。
その後、洞窟外への救助をどうするか検討される。
排水ポンプも余り効果が無いそうだ。



《ワールドカップサッカー日本代表》

戦いすんで日が暮れて。
高がサッカー、されどサッカー。
高がサッカーに、これほど感動と虚脱感を味わうとは。


私の高校時代は、名門バレー部で倒れるまで練習し、
3年生の国体予選であっけ無く敗退し、引退。
その時の虚脱感を思い出し、この日本チームの敗退と重ね合わせた。


でもその時の主将としての苦労は、その後の私の人生を支えてくれたと思って居ます。


学生時代にはサッカーも齧った。


勤務先高校でバレー部のコーチも。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。