チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

パヤオの友人が池清掃

昨夜は妻の友人が家族と共に隣県のパヤオからやって来た。
チェンライの他の友人達も呼んで、夜はどんちゃん騒ぎ。
妻も羽目を外して盛り上がって居た。


パヤオの友人一家は我が家に泊まって、今日やってくれた事は、
池の清掃。
水の汲み上げポンプをわざわざパヤオから持って来て、
朝食後、早速開始。
長年底に積もった泥を掻き出し、魚も全部捕まえての重労働だ。


遠くで見て居たら、写真を撮ってくれと、実に気さくな旦那。
いつもアキオ、アキオと親しげに話し掛けて来る。


私はそれ程タイ語が堪能で無いので、返答に困る。
だからなるべく近づかない様にして居るのだが、
顔を見れば直ぐ手招きをする。


昨日は妻もハイになって居て、私にタイの歌を歌えと言う。
私はちゃんと覚えて無いので、最初の一節だけ歌って、後はごまかす。


妻はパヤオの友人が一番大切な友人だと言って居る。


以前はこぶみかんを20キロ届けてくれて、
1年以上経ったが、未だ残って居る。
絞ってアイストレーで冷凍して、ウイスキーに入れるのだ。
この調子だと2年分有るかも知れない。


今日は幸い曇り空で、暑くは無いが、未だ作業は続いて居る。
私は老体なので手伝う事は出来無い。



筍とマンゴーも持って来てくれた。


追加



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。