チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

タイに住んで10年(其の7)

元々妻は料理は上手だったのだが、
来タイ後、母は余りタイ料理が食べられ無かったので、
ずっと日本料理ばかり食べて居た。
母は歯も悪く、辛い料理もダメだったので、
私も一緒に柔らかい日本料理ばかり食べて居た。


母が亡くなってもう3年経つが、未だにそれが続いて居る。
妻のタイ料理も、他のタイ人妻が羨むほど旨くて、
何かの時は、いつも彼女が中心となって料理をする。


実際、私も彼女の料理は、京都のタイ料理店に引けを取らないと思って居る。
いや、それ以上だと思って居る。
だから、彼女がトムヤムクンだとか、グリーンカレーなどを作ってくれると、
この上無く嬉しい。


それで、それらを和食と共に、日替わりメニューの中に組み込んで居る。
もっとタイ料理のメニューを増やしたい処だが、
如何せん歳と共に歯が弱くなって、スペアリブなど、
硬い料理の多いタイ料理は、増やし難くなって居る。


だから、日々の料理は、鶏粥、雑煮、蛤の吸い物や味噌汁のぶっ掛けご飯、
つまり、猫マンマとなって居る。
それに、すき焼、天ぷら、刺身、カレーと柔らかい物ばかり。
他には、おでん、コロッケ、ハンバーグ、豚カツ。
豚カツも柔らかいヒレ肉を使う。


お陰でこのままこう言う柔らかい料理なら、
歯が無くなっても死ぬまで困らないだろうと言う安心感も有る。
母が死ぬ間際まで食べて居たのは雑煮だったからだ。
母は総入れ歯だったが、認知症が進むとそれも使えなくなった。


今はインプラントと言う便利な物が出来て居る。
現に私も1本は、メーサイでやって貰った。
その歯医者には、総インプラントの写真の看板が、道路に立てて有る。
バンコクまで出張する名医だ。
私の一生はこれで安心。
私より先に死なないで。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。