チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

タイに住んで10年(其の5)

家の話をしたので、ついでに庭の話もして置きたい。
私が庭は芝生にする予定と言った時、
木を植えればいいと忠告してくれた人が居た。
その時は、長年の夢だった芝生に憧れて居たので、
そう言う忠告は耳に入らなかった。


今それを非常に後悔して居る。
もう少し視野を広く持つべきだった。
ネットを見て、色々検討すべきだった。
いや、ネットで調べても、木の素晴らしさは経験しなければ、
その良さは分からなかっただろう。


今更木を植えても、伸びるのに何年も掛かる。
あの時植えて居れば、もう10年経ってるから、相当伸びてるはずだ。


タイでは芝生もいいが、やはり木の涼しさには敵わない。
それに芝生は雑草との闘いになる。
木は生い茂ると、下には雑草も生え難くなる。
竹を植えた事が有るが、下が笹の葉だらけになり、芝生も枯れてしまった。


以前、妻に木を植えれば良かったと言った事が有る。
彼女は、蚊と蛇で大変だとか言って居た。
私も真剣に思って居た訳では無かったので、それ以上言わなかった。


我が家は街中なので、木が林立して林の様になれば、折角広い庭なのにと、
いつも後悔して居る。


今更木を植えるのも癪なので、木を植え無くて良かったと思える様な、
そう言うアイデアが何か無いかと思案して居る。


少し庭の広いお宅には、大抵家の回りに木が植えて有る。
いや、狭い庭でも、木が覆い繁って居る家が有る。
そんな家を見ると、さぞかし涼しい事だろうと羨ましくて仕方がない。


ところが我が家の向かいに一本の木も植えて無い家が有る。
地面は全てコンクリートで覆われ、雑草の生える余地も無い。
植木鉢一つ置いて無い。
それが、ご主人は何と森林保全の公務員とか。
木に飽き飽きして居るのだろう。


それと、妻の実家の近所に、お年寄りの一人暮らしで、見事な芝生の家が有る。
どうやらタイでも、木を植える派と植えない派が有る様だ。


これで少しは私の気持ちも慰められると言うものだが、
本当は木を植えたかった。
それも「この木何の木、気になる木…」と言う歌で有名な、
あんな大きな木を植えたかったのだ。


(つづく)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。