チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

タイに住んで10年(其の4)

別棟の増築は、簡単では無かった。
設計図が有ったのか無かったのか、

いや、当時の私には設計図の事さえ念頭には無かった。
増築は地主の看護婦のご主人が、その団地の家の建設をして居たので、
彼に頼んだのだが…。


そのご主人は、愛想の良い、おおらかな現場監督だったのだが、
やはり設計図が無かったせいか、私の思って居る事と違う事が結構多かった。
いや、余り細かい事は事前に言わなかったので、当然の結果かも知れないが、
細部はその都度聞いてくれると思って居た。


それは私が建築の素人だからと言う事も有ったと思う。
どの段階でどう言う進捗になるかが分からなかった。
それで随分やり直しもして貰った。


決定的だったのは、別棟と母屋をフラットにして欲しいと言ったはずだが、
段差が出来てしまった。
どうしてこんな基本的な事が伝わらないのだろうと、私は憤った。
全て妻に通訳して貰って居たのだ。


そんな時は、妻はいつも監督の肩を持つ。
私はその事にも大きな不満を持って居た。
貴方は私の妻でしょ?
どうしていつも監督の肩ばかり持つの?と。


今でもそれは謎なのだが、いや、他人より身内に厳しくと言うのが、
彼女の処世術、或いはそう言う性格が、今では少し理解出来る様にもなったのだが


その時は憤って居たので、彼女が何とかその場をとりなそうとした時、
私はその怒りを彼女にぶつけてしまった。
そしたら、彼女は切れてしまって、泣いて私に抗議した。
直ぐに誤ったのだが…。


そんな事を何度も繰り返して来た。

今思っても私の至らなさと言うか、無知と言うか…。
私はタイに来て、短気になってしまったのだ。
現役の頃は沈着冷静、どんな場面でも自分の感情を抑えて、事に当たって来た。


それがタイに来て、誰かに気兼ねをすると言う事も無くなり、
全て自分の思い通りになるものだから。
特に金銭面に於いて、日本では考えられ無い様な贅沢が出来るものだから、
有頂天になって居たのだ。
まるで殿様の様に…。


それと、日本だったらこうなのにと言う不満が、ストレスとして溜まって居た。


今は大分タイに慣れて来たと言うか、自分の考え違いにも気付いて来たので、
馬鹿なストレスを抱える事も無く、平穏無事な日々を過ごして居る。
未だにしょうもない事に腹を立てて居る人を見ると、
馬鹿だなあと思いながらも、諭してあげる気にもならない。
どうせ言っても、分かりゃあしない。


いや、実は私だって、自分の馬鹿な部分には、気付いて無いだけなんだろう。


(つづく)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。