チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで16年。日々の暮らしを綴ります。

ブロガー失格!

今日も水風呂と熱湯の往復を楽しんだ。
最後に水風呂に浸かってサッパリとしてと思ったが、湯から水に浸かった時の快感が何とも言えず、ついつい再び湯船に浸かって快感をもう一度味わおうと、際限なく繰り返してしまう。
何度も湯に浸かり直して居ると段々熱さにも慣れるし、湯温も最後の方は38度位に下がってしまう。
それでも何とか体を温めて再度水に浸かれば同じ様に快感が得られる。
何時までも切りが無いので、最後の水風呂は風邪を引きそうな位に体が冷え切ってしまうのだ。


さて、今日もブログのネタが無いので二十日大根を買いに行く事にした。
丁度ブドウ食パンも残り少なく成って居た。
2時頃に市場に行くとブドウ食パンがまだケースから出されて無かったので、写真を撮る為に自分で出して並べた。



次に何時もの二十日大根の店に行くと色褪せた大根が少し有った。
ちょっと古そうだったので、もう少し奥に行くと見慣れない人が色鮮やかな二十日大根を売って居た。
しかも大量に。
思わず値段を訊くと1キロ50バーツ(≒200円)だと。
決して高く無かったので「1キロ」と言った。
水で洗い立てなのかとても新鮮に見えた。
駐車場に戻り車を動かした瞬間、「しまった。写真を撮って無かった」と気が付いた。
一旦動かすと、空いてる所を探すのも面倒なので其のまま帰った。
折角、絵に成ったのにと思うと悔しかった。
今日のメインに成る筈の写真だった。
つくづくブロガーとして失格だと思った。
家に帰って妻に値段を言うと「高くないネ」と。
そこで思い付いたのだが、帰ってからでも写真は撮れる。
妻にボールに入れて貰って写真を撮った。
市場のショットとは値打ちが下がるが、まあ此れでもいいさ。
次回、市場に行った時には必ず撮ろう。
唯、当分買う事は無いだろうが…。
実は余りにも鮮やかだったので2キロ買おうか一瞬迷い、そっちに気を取られてしまったのだ。
二十日大根は大きい市場でも売り場は1箇所しか無く、お気に入りの市場でも今まで1箇所のみだった。
植木屋さんで二十日大根の種を売って居たのも不思議な位だ。



今日の朝食


さて、今夜はイワシ缶煮。
いつも美味しい料理をありがとう。