チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで16年。日々の暮らしを綴ります。

風呂の排水工事


忙しい工事人がやっと来てくれた。
タイルに穴を開けるのも、セメントを切るのもお手の物。
セメントを切った所に配管を通してまたセメントを塗った。
これで上手く流れるかどうか。
今日はまだセメントが乾いて無いので水は流せ無い。
明日は流せるそうだ。
明日は工事人はもう来ない。
2人で材料代を合わせて6,000バーツ(≒24,000円)。
日本なら幾ら位だろうか。



水風呂部分


考えて見れば、元々太い配管なら詰まらない筈だから無駄な工事の様にも思えるが、まあ、これ位の経費なら我慢しよう。
何と言っても毎日水風呂と湯船を往復出来る幸せを考えたら安いものだ。
今日1日でも入れないと凄く残念だ。
それで内風呂で試して見たが、やはり狭いし、何と言っても水風呂の温度が違う。
一晩外気に晒して置けばとても冷たく成るのだ。
いや、よくよく考えて見れば、タイに来てもう16年に成るが、もっと早く水風呂を試して置けば良かった。
まあ、これから死ぬまでの期間、ずっと此の幸せを味わう事が出来るので了解して置こう。
寝た切りにさえ成らなければ…。
先日見舞いに行った方の様に成れば、とても此の幸せは味わえ無い。
まあ、水風呂に入った時に心臓マヒにさえ成らなければ…。
毎日試して居るが、どうもそんな心配は不要の様な気がする。
それよりも今日の様に排水が詰まるだとか、給湯器が故障するだとかで継続出来なく成る可能性の方が高い。
唯、其れも今日の工事で心配は無く成った。
給湯器も故障すれば修理が出来るし、買い替えも出来る。



ところで先日買った花が愛らしい花を付けて居る。
早く朝顔も見たいものだ。
今日もブドウ食パンを買いに行った。
お気に入りのバナナは露店にも無かった。
冷蔵庫の在庫は5本しか無い。



今日の朝食


さて、今夜は下ろし蕎麦。
いつも美味しい料理をありがとう。