チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで16年。日々の暮らしを綴ります。

湯船と水風呂を交互に!

例年、雨季は5月中旬辺りに始まる。
此処2-3日前から時々雨季の様な雨が降って居るので、今年も雨季が始まった様だ。
お陰で以前より涼しく成った。
タイは4月が真夏なので、これから涼しく成るのだ。
今年の夏は暑いなあと思って居たが、それでも35度に成るのは少なかった。
チェンライは北の方なのでバンコクより涼しい。
それでプールの水温も低く成って気持ちが良いのだが、今日は水風呂に入った。
或るYOUTUBEを見て居たら、湯に浸かるのは老廃物が出るので癌に成り難いと。
別に癌の為では無いが、老廃物が出るのは腎臓にも良いので実行しようと思った。
そして、湯船で無くとも水風呂でも水圧が掛かるから良いと。
一番良いのは汗が出るほど湯船に浸かり、その後水風呂に入ると老廃物が表面から内臓の方に行き、リンパ腺を通って尿として排出されると。
我が家の露天風呂は湯船と水風呂が並んでるので交互に入る事が出来る。
しかも熱い方が良いらしい。
元々熱湯は苦手なので、まず水風呂で体を冷やして置くと熱湯に入り易い。
それで、水→湯→水→湯→水と入った。
交互に入ると湯も熱く無い。
元々日本に居る時からスーパー銭湯ではそうして居た。
果たして本当に体に良いのか分からないが、暫く続けて見よう。
癌を防いでるかどうかは分からないが、何か体に変化の兆しでも出るだろうか。
唯、とても気持ちが良い。
水風呂にも入るからのぼせない。
しかし汗が出るまで入るのは難しい。
元々汗が出難い体質なんだろうか。
その人は50度の湯に入るが、真似しない様にと言って居た。
とても50度の湯には入れ無い。
私はせいぜい42度位だろう。
だが、最初に水風呂に入ればもう少し熱い湯に入れそうな気もする。
余り無理をしたら心臓に悪いかも知れないので43度が限界だろう。
因みに今日の風呂上りは何だかいつもより気持ちが良い様にも思う。
食欲も出て来た。
良い様な悪い様な…。



【風呂と癌の関係】入浴は「体を洗う」目的のためだけではない


さて、今日は二十日大根の漬け物を食べたいので市場で買って来た。
21グラムの袋入りが25バーツ(≒100円)。
普通の大根より高いかな?



コーラ味の「ガリガリ君」



今日の朝食


さて、今夜は鶏の唐揚げ。
いつも美味しい料理をありがとう。