チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

タイの過ごし方(其の7)

タイでの滞在で忘れてはならないのが、タイの医療事情だ。
チェンライ市内には、三つの大きな病院が有る。
最近、もう一つ、高そうな病院が繁華街に出来た。
外人目当てだろうか。
そこで気になるのが治療水準だが、
風邪や腹痛ぐらいなら、日本と同様、そこら辺のクリニックでいいだろうが、
事故による怪我なら病院だ。
唯、私は、風邪でも何でも、直ぐ病院に行ってしまう。
流石に最近では、余程の熱でも無い限り、病院には行かなくなってしまった。
もう、心臓肥大も糖尿も前立腺肥大も、
何遍も病院に行って薬を処方して貰って居るので、
いつも同じ薬だから、巷の薬局で同じ薬を買って居る。
その方が遥かに安い。
家の近くの病院は、儲け主義で、前立腺肥大の時など、
前立腺がんか肥大か、試験的に投薬した後、血液検査もしないで、
いきなり手術をすると言う話だった。
余りにも変だと思い、途中で退散してクリニックで再検査をしたら、
がんの疑いは無く、肥大だろうと言われた。
其処の病院の医師は公立の病院と兼任が多く、
高くて早いだけが取り得の病院だ。
高いから患者が少なくて、早く診て貰えるだけの話だ。
バンコク資本の病院で、立派な病院なのだが…。
話が逸れてしまったが、バンコクの高い病院なら、
日本の水準以上の所も有ると言われて居る。
唯、日本で還付請求する際、診断書の翻訳とか、治療明細書の翻訳とか、
手続きは面倒だし、がんとか難しい病気なら、
言葉の分かる日本の方が良いと言う事で、
皆さんお帰りになる。
難しい病気で無いなら、チェンライの病院で十分だろう。
公立病院は混み過ぎて、待ってられない。
もう一つの私立病院なら、そんなに暴利は貪らないのだが、
高い病院よりは待ち時間は長くなる。
でも、日本の待ち時間と比べたら、超特急並みだろう。
今思い出しても、日本の長い待ち時間は、それだけで病気になりそうだ。
しかも、タイの救急診療は整って居る。
土日であろうが、夜間であろうが、平時の様に開いて居る。
診察費は若干高めになるが、私などはわざと日曜に行きたくなる程だ。
クリニックについては、歯科、内科、整形以外は見た事が無い。
例えば眼科や耳鼻咽喉科などは、行く人が無いので、成立しないのだろう。
上手か下手かは、混み具合で直ぐ分かる。
混んで無い歯医者だけは、絶対行ってはいけない。


余談だが、私はインプラントを生まれて初めてタイでした。
以前、同窓会の時に、インプラントはまだまだ新しい技術だが、
やるなら私に任せて欲しいと言われた事が有る。
タイに来て、差し歯が壊れて、もうインプラントしかないと思った時、
人から聞いて、さっきの高い病院を訪れたら、その医師はもう辞めて、
ミャンマーとの国境の町メーサイに帰ったと言う。
今の医師に訊ねたら、今迄4回やった事が有ると。
素人同然だ。
メーサイの医師を訪ねて行くと、そこは日常的にやって居て、
価格は6万バーツ(約20万円)。
日本だと約40万から60万円。
検査の段階で、信頼出来る医者だと思えたのでやって貰った。
手術中も手際の良さが伝わって来た。
痛がりの私も殆ど痛みも感じず、術後も全く問題無かった。
もう、7年経って居る。
もう、そろそろメンテナンスをやる時期かも知れない。



昨日の昼食 グリーンカレー


昨日の朝食 鮭と雑煮


一昨日の夕食 ヤムウンセン(春雨サラダ)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。