チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで14年。日々の暮らしを綴ります。

喫茶店の馴れ初め


以前は喫茶店にも行かず、タイ語の勉強もして無かった時は、
一体どう言う過ごし方をして居たのだろう。
記録を見ると、団地の入口に喫茶店が出来、
2019年10月16日に初めて入ったと成って居る。
それまでは喫茶店には入った事が無かった。
そもそも日本で喫茶店などと言うものに出入りした事が無い。
自分には無縁の存在だった。
それがタイに来て時間を持て余し、興味本位で入ったのが最初だった。
タイに来たら、何でも見てやろう、してやろうと言う根性に成って居たので、
別に臆する事も無かった。
最初はBGMを聞いて過ごした。
いや、それ以前にどう言うコーヒーを頼んだら良いかも分からなかった。
多分、普通のホットコーヒーを頼んだのだろう。
それから段々色んなコーヒーを頼む様に成り、
今では「ダーティーコーヒーは無いのか」と、他の喫茶店で言う程に成った。
考えて見れば2019年10月に団地の入口の喫茶店に行って以来、
記録では2021年5月18日が其の喫茶店に行った最後と成って居る。
他の喫茶店に浮気さえしなければ、もっと続いて居たかも知れないし、
潰れる事も無かったのでは。
それにしても随分お世話に成った。
私の懐かしい記憶の1頁だ。
その名もMAHUG CAFE。



ところで、記録を見れば、喫茶店に行く様に成るまでは、
バイクでツーリングをして居た様だ。
それが今では逆に、タイ語学習に追われてバイクツーリングの時間が無い。
まあ、途中で止める訳にも行かないので、ツーリングは暫くお預けだ。
毎日27個の単語を覚えようと思ったら、毎日欠かす事は出来ない。
早く6,000語の辞書を終えなければ。
果たして出来るだろうか…。



今日の朝食(豚粥)


さて、今夜は鯖の照り焼き。
いつも美味しい料理をありがとう。



今日はこんなYOUTUBEを見て居た。



定年後(リタイヤ後)の渡タイについて質問が来たので答えてみた。

バンコクからチェンライ 本来1時間半で行けるのに、なぜか10時間かかった… タイ旅2022その3