チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで14年。日々の暮らしを綴ります。

喫茶店のはしご成らず

何時までもグダグダ寝て居るのも心地良いが、
最近は少し寒いので、以前ほどは心地良く無い。
それで9時半にも成れば、ボチボチ風呂にも入って朝飯をと思い、
それまで見て居たYOUTUBEを切り上げて起きる事にした。
余り遅いと喫茶店に行く時間にも影響して来るからだ。
ところで、いよいよ餅が今日で最後と成った。
餡子と黄な粉は残ってるので、日本人会の餅つきに寄付しよう。
唯、それまでに無性に餅料理をまた喰いたく成るかも知れないが…。
1袋24個入って居たので6回食べたと言う訳だ。
明日からの朝食は、お粥か納豆を食べる事にした。
これからは出来るだけ妻の負担を減らそうと思う。
考えて見れば、糖分を控える様に言われてたのに、
毎日餡子を食べて居たのだ。
と言うのも、その前に餅と餡子を買って居て、
餅料理を途中で止める気には成らなかったからだ。
だが、もう餡子を食べるのは止めにしよう。
何しろ1キロ入りの餡子だから、無くなるまでにはまだ相当掛かる。
輸入食品店で100バーツ(≒380円)だった。
餅は1キロ入りで355バーツ(≒1,350円)。



ところで、今日も餅料理で腹が膨れて、
喫茶店に行くのが1時に成ってしまった。
それで近所の喫茶店に行ったのだが、不思議な感覚を覚えた。
まるでタイと日本を行き来して居た時のタイの家に戻った気分だった。
椅子の座り心地は悪いが、何故かこちらの方が故郷の様に思える。
それで今日は日曜と言う事も在って、結構客が入って来た。
招き猫の役は今日は心配無かった。
唯、女性同士のカップルがヤケに多かった。
そして、一見普通のアベックかと思って居たが、
男装の人の胸がヤケに大きく、しかもスケスケのノーブラジャー。
何故か逆に色気を感じた。
思わず視線をやると、キッと睨まれた様な気がしたので、
慌てて視線を外した。
外に出る時は大きな上着を羽織る。
室内では脱いで、2人で写真を撮りまくって居た。
兎に角、此処の客は写真を撮りまくる人が多い。
今日は赤子連れの客まで写真好きだった。
まあ、普通か。



4平方メートルが11,250バーツ(≒42,750円)。
他に100メートルほど離れた向かい側の道で、
47,000バーツ(≒178,600円)の所も在った。
やはりバイパスに近い方が高い様だ。


今日の朝食


さて、今夜は朝食メニュー。
いつも美味しい料理をありがとう。



今日はこんなYOUTUBEを見て居た。



【決定版】中間選挙!トランプ責任論?いや、共和党の勝ちですけど何か?【JCUインサイト】

【ベストセラー】「病気がイヤなら、これを食べなさい」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】