チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで14年。日々の暮らしを綴ります。

今日は病院

と言っても妻が私の代わりに行くのだが…。
血液検査の結果は既に血液検査所から病院に直接送られてるし、
タイ語で言われても分からない私は、妻の通訳を聞くだけに成るし、
医者は問診もしない。
いや、実際は妻から様子を聞いてるのかも知れないが…。
結局、血液検査の結果を言われて、いつもの薬を貰うだけ。
どうせ血糖値もそんなに変わって無いだろう。
何しろ脂肪も甘い物も控えて居るし、コレステロールも同じだろう。
唯、運動不足には成ってるハズだ。
何しろ足が悪くて運動出来ない。
その分、毎日朝夕2回、露天風呂には入ってるし、
今年はプールにも随分行った。
唯、毎日ご馳走を食べてるが、これを辞めたら生きてる甲斐が無い。
本当はもっとコレステロールの高い牛肉とか伊勢海老とか食べたいが、
どうせ金も無いので無理な話。
タイは牛肉がメチャ高い。
霜降り肉などもう何年も食べて無い。
第一、霜降り肉など此のチェンライには無い。
いや、デパートには有るかも知れないが、縁が無いので見に行かない。
そう言えば黒豚は妻の姪が育ててるが、土産に持って来た事は無い。
猪は飼って無いそうだ。
猪を育ててれば日本では高かった牡丹鍋が喰えるのだが…。
つい、食べ物の話ばかりに成ってしまったが、
実は最近、朝食後の薬が飲めて無い。
朝食後は腹ポンポンで、平常の腹に成れば直ぐ喫茶店に行ってしまう。
そこで薬を飲めばまたコーヒーが飲めなく成るからだ。
だから検査結果は少しぐらい悪く成ってるかも知れない。


さて、妻が病院から帰って来て、医者が言うには、血糖値が問題だと。
今が一番キツイ薬だから、これ以上悪く成ると点滴をする事に成ると。
表を見ると、FBS・・・(空腹時血糖値またはブドウ糖負荷後2時間値)
基準値 (71-106)の所 141 と成って居る。
HbA1c・・・(ブドウ糖と結合したヘモグロビンの量÷ヘモグロビンの総量)
基準値 (4-6)の所 7.2 と成って居る。
妻が言うには私のブログでは喫茶店でケーキをバクバク喰って居ると。
いや、最近は喰って無いと弁解して置いた。
これからはダーティーコーヒーも止めてブラックコーヒーにして置こう。



ところで、妻を病院に迎えに行く時、ブレーキを強く踏んだら効かなく成った。
以前ブレーキパッドを交換して貰ったばかりなのだ。
それでその店に行くと、「故障してません」と。
自分で運転して見ると、直って居た。
一度エンジンを切ると直った様だ。
流石マツダ。
エンジンを切るまでは乱暴なドライバーの操作をコンピュータで覚えて居る。



ところで、10年前にインプラントをした歯が硬い物を食べた時痛みを感じるので、
妻にメーサイ(ビルマとの国境の町)の歯医者に電話して貰った。
すると今日の午後4時半に来れますかと。
早く治したいので今日行くと返事して貰った。
そして其れまで喫茶店に行く事にした。
いつもの喫茶店は休みなので、以前毎日行って居た喫茶店を覗くと開いて居た。
3か月前から改装工事をして居たのだ。
ノートを開くと昨日やった単語が中々思い出せ無い。
まるで其の喫茶店の記憶とシンクロする様に昔の事の様に思えた。
可成り焦ったが、暫くすると原因が分かった。
詰まり昨日やったばかりなので、記憶が定着して無かったのだ。
一時はもう今までの学習が全て遠い昔の物に成ってしまったのかと焦った。

暫くして店のオーナーが挨拶に来た。
私も久し振りだったのでにこやかに会釈した。
するとニコニコして、「工事が長引きました」と。
私は返す言葉も思い付かなかったので只笑って何度も首肯するたげだった。



そうこうして居ると妻から電話。
「もう3時よ!」
「えっ、メーサイまで1時間掛かるの?」
やはり記憶が混乱して居る。
メーサイまでは1時間以上掛かるのだ。
急いで帰って、直ぐ出掛けた。

電子レンジで温めた揚げパンを食べる間、妻に運転して貰った。
メーサイに着くと5時近く成って居た。
そして医者が言うにはインプラントの歯だけで無く全てボロボロだと。
チェンライ市内の医者の紹介文を書いて貰って帰途に着いた。
外は真っ暗に成って居た。
度付きサングラスが役に立たなく成って居た。
時速80キロの安全走行で帰った。
タイの国道の制限速度は90キロ。


メーサイのロイカトン(灯籠祭り)のパレード


メーサイのインプラントの歯医者


今日の朝食


さて、今夜はすき焼き。
疲れた体にビールが旨い。
いつも美味しい料理をありがとう。



今日はこんなYOUTUBEを見て居た。



【ベストセラー】「薬に頼らない新時代の医学」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】