チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

チェンマイ領事館

今日は隣県のチェンマイ領事館に行って来た。
パスポートの切り替えと、ビザ更新の為に必要な年金額証明を貰う為だ。
パスポートの切り替えは直ぐには出来無いので、後日、また行かなければならない。
まあ、10年に一度の事だから止むを得ない。
それより4,910バーツ(約16,200円)と言うのは、結構高い。
日本では幾らだったのか忘れてしまったが、何分タイの安い物価に慣れて居るので、ビックリしてしまう。
何しろ4,910バーツと言えば、タイ人の安い給料の人の月給位だ。
まだ年金額証明の640バーツ(約2,100円)なら納得出来る。
これで1年間のビザの資料になるからだ。
通常1年間のビザ取得の為には、80万バーツ(約264万円)、若しくは、タイ人の配偶者が居れば、その半額が預金されて居れば承認される。
そして、それは年金額でも良い。
私は妻がタイ人だから、40万バーツ(約132万円)の年金が有れば良い。
つまり、預金ゼロでもOKだ。
証明の為の預金は、使う事が出来無いのだ。
レートが良ければ、年金だけでも80万バーツ以上になるので、配偶者ビザで無く、普通のビザでも承認されるのだが、為替変動でビザの種類を毎年変える事になれば、入国管理事務所での手続きが大変面倒になる。
一度、レートが良い時に、年金だけで80万バーツ以上になったので、配偶者ビザから普通のビザに変えてくれと言ったら、入管の人が大層困った顔をして、配偶者ビザを止める理由が要るから、例えば離婚をすれば良い、とか妻に言って居た。
まあ、君子危うきに近寄らずで、そのままにして居る。


途中に在る白い寺(ワットロンクン)


国道1号線沿いに有るコンビニは、ソンクランのUターン客で溢れている。


途中で給ガスしたスタンド。愛車はガソリンとプロパンのハイブリット?
チェンマイに往復で270バーツ(約900円)360キロ。


チェンマイのBig-C


新しく出来たセントラルデパート。やはりチェンマイのはデカい。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。