チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで14年。日々の暮らしを綴ります。

塞翁が馬(2)

人生、順風満帆の時は得てして落とし穴に落ち入り易い。
落とし穴に落ちてから、順風満帆だったと振り返る。
何か問題を抱えて居る時は下を見て歩いて居るので、
落とし穴に落ち入り難い。
健康もそうだ。
病気に成って初めて健康の有難さが身に染みる。
普段、健康な時は其れが当たり前だと思って居る。
一病息災とはよく言ったものだ。
私も帯状疱疹後神経痛に成って、健康だった時の事をよく思う。
今は大分回復したが、それでも常に足先の痺れが残って居る。
痺れが強い時は唐辛子軟膏を塗って凌ぐ。
正座をしてる時の様な痺れだ。
だから喫茶店でタイ語の勉強をしてる時に我慢出来なく成ると困るので、
いつも鞄に唐辛子軟膏を入れて居る。
塗るとヒリヒリするが、まだその方が痺れより耐え易い。
週に一度の宴の前の日にも、痺れが強い時は軟膏を塗って置く。
楽しく宴を過ごす為に。
帯状疱疹後神経痛に成ってからは物事に慎重に成った。
余り慎重に成り過ぎても面白く無い人生だが、
健康以外の事にも気を付ける様に成った。
元々脇の甘い性格だから、それで良かったのかも。
今でもとても後悔して居るが、「塞翁が馬」と言う言葉、そして、
「人生、苦あれば楽あり、楽あれば苦あり」と思って生きて居る。


この方が表題としては適当だったかも。



今日の朝食


さて、今夜は麻婆茄子丼。
いつも美味しい料理をありがとう。



今日はこんなYOUTUBEを見て居た。



【ベストセラー】「運動脳」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】