チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで14年。日々の暮らしを綴ります。

通い慣れたる

今日は近所の喫茶店の定休日なので家をゆっくり出発した。
以前通った庭の綺麗な喫茶店の名称変更の案内がFACE BOOKに在った。
若しかして再開したのかと覗きに行くと、看板も何もかも無くなって居た。
一体、名称変更の案内は何だったのか。
時々FACE BOOKの案内は頓珍漢な事が在る。
それで庭の綺麗なもう一つの喫茶店に向かった。
念の為に以前仮でやって居た建物を覗くとやはり閉鎖されて居た。
そして、リニュアルオープンした部屋に行くと、前回座った席に猫が…。
他に柔らかい椅子が無いので、その向かいに座った。
猫は私に気付いたが、人畜無害だと思われたのか其のまま寝続けた。
私は鞄を置く場所が無くて不便だったが、猫を追い払うのは忍びないので、
邪魔に成らない様に私の椅子の横に置いた。
猫が目の前に居るので、疲れたら猫を眺めて癒された。
猫はいつまでもずっと寝て居た。
途中の道は暑かったが、喫茶店に来ると途端に涼しく成る。
やはり木が多いせいだろう。
喫茶店はクーラーも掛けずドアは開け放したままだが涼しい。
天井扇風機で冷っとした空気が降りて来て、猫も気持ち良さそうに寝て居た。
私も最初出て居た汗が何時の間にか消えて居た。
湿度は結構有るハズなのに…。
屋外にはグループ客が居たが、今日は客も少なく、
1人用カウンター席に工事人のチーフが居て、
ウェィトレスのチーフがトーストを運んで居た。
工事人チーフはパソコンを打って居る様だった。
私も家に近ければ毎日来てもいいのだが…。
まあ、近所の喫茶店は夫婦が頑張ってやって居るので、
そちらに行かなければ可哀そうだとは思う。
今日の喫茶店の店員は私の顔を見ればホットココアだと思う。
近所の喫茶店はダーティーコーヒーで通って居る。
何だか家が2つ在る様で不思議な感覚だ。
いや、3つだった。



昨日の夜食


今日の朝食



さて、今夜はピザ。
いつも美味しい料理をありがとう。


今日はこんなYOUTUBEを見て居た。



明治維新の影/失われた日本の魅力|小名木善行

実は中国よりも進んでいた日本の技術力/キングダムで読み解く歴史学|小名木善行