チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで14年。日々の暮らしを綴ります。

妻を母の様に

今朝も露天風呂が寒かった。
露天に置いて在る扇風機を掛けると心臓マヒが起こりそうだった。
タオルで体を拭いてから当たると丁度いい加減に成った。
今日はいつもの喫茶店の定休日なので庭の綺麗な遠くの喫茶店に。
着くと満車。
仕方が無いので道に停めた。
リニュアルオープンの日だったのか、人もいっぱい。
唯、隣はまだ工事中だったので、もっと広く成るのだろう。
仮でやって居た建物の方角を見ると灯りが無かったので、
リニュアルした部屋を眺めると、辛うじて1セットだけソファーが空席。
硬い木の椅子には座れない。
俯く姿勢だが止むを得なかった。
子供達が走り回って居る。
オーナーの子供だろうか。
工事人のチーフの男の人がオーナーの席にピザを運んで居た。
従業員は総動員。
オーナーのお母さんらしき人も料理を運んで居た。
猫も居場所が無かったのか直ぐ出て行った。
私も落ち着かなかったので1時間で退散。



夜は妻が友達を呼んでパーティー。
私はラッパで妻を呼んでカレーを運んで貰った。
服を着るのが面倒だった。
食べ終わってナッツのお菓子箱を見ると空っぽ。
ナッツはクルミやアーモンドを揚げて作る。
仕方が無いので1袋5バーツ(≒19円)のドライミニトマトを食べた。



妻に「ナッツが無くなった」と叫ぶと、妻は「ハイハイ」。
其の「ハイハイ」は、「坊や、作って上げるからネ」と言ってる様に聞こえた。
歳を取ると妻にオンブに抱っこ。
歳は17下だが、母の様に甘えて居る。
18だったかな?
段々其れすら分からなく成って来る。


今日の朝食(茶碗蒸し(大)食べ切れなかった)


さて、今夜はカレーライス。
いつも美味しい料理をありがとう。



今日はこんなYOUTUBEを見て居た。



【完全版】井上尚弥 世界バンタム級4団体統一戦の記者会見ノーカット&質疑応答!ボクシングの歴史を塗り替える一戦への意気込みを語る