チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで14年。日々の暮らしを綴ります。

妻の苦労

妻の姉と姪の子供を妻が連れて来た。
その日の内に帰ると思って居たら、泊まりだった。
市内に住んでる叔母が寝たきりに成って居て、其の見舞いに来たと。
子供は小学4年生で元気な盛り。
学校でも一番大きいらしい。
カラオケで遊ぼうとしたので、ボリュームを下げる様、叱責した。
翌日には帰るのかと思って居たら、また戻って来た。
一体いつまで居るのか妻に訊こうと思ったが、
何か事情が在るのではと思い、訊かなかった。
姉だけなら兎も角、元気盛りの男の子は神経が休まらない。
洗面所を水浸しにしたので、思わず妻に「ビチョビチョだ」と言った。
丁度、妻は布を持って拭きに来る所だった。
私の歯磨き粉もビチョビチョに成って居た。
後で見ると、綺麗に拭いて在った。
妻は目イボをこしらえて居る。
きっと睡眠不足なんだろう。
お手伝いさんの部屋が空いてるが、シングルベッドなので、
お姉さんと子供が寝るには狭い。
かと言って妻のダブルベッドに3人寝るのも辛いはずだが。
どう言う事情なのか訊いても良かったのだが、それで事態が変わる訳でも無く、
妻を責めるだけにしか成らない。
私さえ我慢すれば済む話。
いや、妻はもっと辛いだろう。
2晩泊まって、今日、漸く帰って行った。
勿論、妻が60キロ離れた実家まで送ったのだ。
娘が居るが姉を送迎出来ない事情が在るのだろう。
自分の子供を1人母に預ける事情も。
3人の子供が居る。
さて、今日は漸く夫婦水入らずと成った。
嵐が去った静けさだ。
喫茶店から帰って染髪をして貰った。
妻の目イボはまだ治って居ない。



今日の朝食


さて、今夜は朝食メニュー。
いつも美味しい料理をありがとう。



今日はこんなYOUTUBEを見て居た。



岸田内閣は中国のための政治を行っている


【東京ホンマもん教室×表現者クライテリオン】藤井聡・神谷宗幣対談完全版 前編