チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで14年。日々の暮らしを綴ります。

塞翁が馬


どうして此処に住んで居るのだろうと、時々ふと思う事が在る。
タイに住んで、もう14年以上に成るが、未だに不思議に思う。
いや、感慨深いものが在る。
そもそも職場のストレスを海外旅行で気分転換しようと思ったのだが、
それが偶々タイだった。
若しそんなに強いストレスが無ければ海外旅行など思いも付かなかっただろう。
今ではストレス様様とも言える。
そしてタイに来なければ妻とも出会わなかった。
初めて彼女の家で見掛けた時は、今では想像も出来ない程大人しかったのだが。
それは兎も角、こんなに料理が上手だったとは、勿論知るべくも無い。
日本で飯を作ってくれて居た時から旨いと思って居たが、
タイに住んでからは其の有難さをひしひしと感じて居る。
勿論、時々日本を恋しく思う事も在るが、
タイの気候の良さや物価の事を考えると、とてもラッキーだったと思う。
タイ移住に当たっては、若し彼女がタイ人で無ければ決心は出来なかっただろう。
ネットニュースを見る限り、日本は最悪の方向に進んでる様に見える。
タイでは広い土地を買って、広い屋敷に2人だけ住んで淋しい位のものだが、
当初は私の母と、彼女の母、姉、姪の6人家族だったのだ。
私が亡き後、田舎の親戚が我が家に住み、妻の淋しさが紛れると良いのだが。
ところで、当初の6人家族の事を誰かが「ハーレム」と言ったが、
それは少々語弊が在る、様に思う。



今日の朝食


さて、今夜は餃子。
いつも美味しい料理をありがとう。



今日はこんなYOUTUBEを見て居た。



特番『~その2~ ジャーナリスト門田隆将氏登場!既に3刷!『日中友好侵略史』~それは70年以上前から始まっていた~』ゲスト:ジャーナリスト 門田隆将氏


日本の政治を動かした女性たち|石川真理子