チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

今年のソンクラン(其の2)


妻は実家に行ってしまった。
親族集合と言う訳だ。
墓参りの時は呼ぶからと言って出掛けた。
私は別に彼女の親族と、特に会いたい訳でも無いし、第一話題が合わない。
「元気か?」位のもんだ。
まあ、「これ喰うか?」位の事は言ってくれる。
と言うより、そう言う事は、妻の専権事項だ。
夫婦の領分を犯してはいけない。
そんな大層なもんでは無いが、兎に角行ってもする事が無い。
それなら、家でパソコンでもいじって居る方が楽しい。
まあ、墓参りには、私の母の骨も埋めてあるので、行く気にはなって居た。
ところが、今朝7時に電話が掛かって来た。
まだ寝て居たので、女中さんが携帯をベッドに持って来てくれた。
「これから墓参りに行くが、来れるか?」と言われたが、寝ぼけまなこで、体もダルかったので、「ふーん」とか頷いて居ると、「来なくてもいいよ」と言われたので、「ほな、そうするわ」と答えた。
1時間位は待ってると言われたが、ここから実家まで1時間位掛かるのだ。
今直ぐ飛び起きて、顔を洗って身支度をする元気も無かった。


昨夜もソンクランの盛り上がりを点検しようと、バイクで夜出掛けたのだが、いつもの道に水鉄砲を持って、待ち構えて居る集団が見えたので、Uターンしてデパートに行ってしまった。
そしたら、私の大好きなサヤインゲンがデパート内の王立農園店にあったので、ホウレン草と一緒に買った。
そしたら、もう偵察には行け無くなった。
帰って、女中さんにお浸しにしてと頼んだ。


水掛け合戦に一人で行くには気が引けるので、女中さんを連れて行くしか無いのだが、と言うのも助手が一人要るのだ。
二つ持って行って、水が無くなったら、直ぐ新しいのに持ち替える。
そうしないと、間隙を縫って撃ち返されるのだ。
取り敢えず水鉄砲を持って見たが、左肩の痛みも問題無さそうだ。
昨日は、結局午後は33度となり、うだる様な暑さになったが、
今日は10時でまだ28度。
これなら、氷水で無くとも心臓の悪い私には、ビビるものがある。


今日の朝日


庭に咲いたアジサイ


昨日の朝食 雑煮とブリの煮付けと酢レンコン


昨日の昼食 カレーうどん


昨日の夕食 天ぷら



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。