チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

久し振りのウイスキー

昨日の昼の素麺を食べる時、ビールを飲むのをかなり我慢したから、
夜が待ち遠しくて仕方がなかった。
夜はおでんにウイスキーを飲んだ。
ウイスキーを飲むのは、7日の昼以来だった。
最近はビールよりウイスキー党になって居て、
昼も夜もウイスキーと言うのが多かった。
正に7日の昼は素麺だった。
すっかり酔っ払って、夕食後
、目覚めたのは夜中の4時だった。
喉がカラカラで、歯を磨いて何度もお茶を飲んだ。
ベランダに出て温度計を見ると、26.5度。
おもむろにパソコンを打ち始める。
このブログを書いたら寝る事としよう。


(配膳が待ち切れなくて、少し減ったウイスキー)



一昨日の日曜ホコテンの写真の続きです。



久し振りの日曜ホコテン

昨日は朝一旦目が覚めてお茶を飲んでまた寝てしまった。
それで朝飯を喰ったのが午後1時頃と遅く、
2時頃、荷物持ちの為に妻に市場に連れて行かれた。
夕方は久し振りに日曜ホコテンに行きたいと言うので、
急いで6時半頃晩飯を喰って、出掛けた。
妻も私の腹の出っ張りを気にしてくれて居るのだろう。
暑かったせいか、終わればびっしょり汗に濡れた。
此処も久し振りだったので、頑張って写真を撮った。


ところで、昨日は朝晩の二食だったが、今日は昼に素麺を喰った。
素麺だから喉越しがいいから、ビールは飲みたくならないだろうと思って居たが、
習慣とは恐ろしいもので、素麺を食べた瞬間からビールが欲しくなった。
何とか我慢して、アスパラに移った時も苦しかった。
最後の天ぷらになった時は、腹もポンポンになって居たので、
もうビールは欲しく無くなって居た。
明日からはまたどんな展開になるだろう。
夜は飲んでもいい事になって居る。




飲酒の言い訳

昨夜はビールを飲んでしまった。
今まで毎日昼も夜も飲んで居たのに、急に止めたら体に悪いので、
一日一回位はいいだろう。
と言う事で、これからは毎夕食は飲む事にしよう。
飲むと言っても、330ml一缶。
現役の時は、それを母と半分こして居た。
思えば随分酒量が上がったものだ。
いや、倍になっただけか。
昼夜飲んでも4倍になっただけの事。
思えば大して飲んで無いのだから、今まで通りでいいや、なんて直ぐ妥協してしまう。
まあ、今の腹の出っ張り具合を見ると、やっぱり節制しよう。
運動不足なんだから、カロリーは出来るだけ控えなくては。



昨日のお気に入りの市場の写真の続きです。


久し振りのお気に入りの市場

今日は、妻と一緒に行ったが、久し振りだったので、頑張って写真を撮った。
と言うのは、妻と一緒に行くと、荷物持ちは私になるので、写真を撮るには、
重い荷物を持った両手を上げて撮らなければならないので、大変なのだ。
でも頑張って撮った。


その後MAKRO(卸しスーパー)に寄った時、在住の或る人と久し振りに出会った。
何でも冠動脈バイパス手術を隣県のチェンマイでやって、30万バーツ(約100万円)掛かったと。
チェンマイでも結構難しい手術をやるんだなあと言ったら、腕はイマイチだと…。
それでリコピンの豊富なトマトを毎日食べて居るんだと。
それもプチトマトがいいんだと。
血糖値が見事に下がったと。

私もプチトマトは大好きでよく食べて居る。
それから、私は、此処でアスパラ缶を発見したと言ったら、何処でも売ってるよって…。
私はまだまだチェンライの事を知らないんだなあと思った。
そして、アスパラ缶は糖分が多いよって…。
もう食べるのよそうかなあ…。



タイの生きがい

毎日毎日食べる事とポタリングの生活で、
気候もいいし、物価も安いので、年金だけで暮らして行ける結構な生活なのだが、
果たしてこれでいいのかと考える時も有る。
現役の頃は大志も有った。
大望も有った。
タイに来て隠居生活だから、そうなるのは必然かも知れないが、
死ぬまでこれでいいのかと言う疑問も有る。
隠居生活の為にタイに来たと言う人も大勢居る。
いや、殆ど全員そうかも知れない。
それでいいじゃないかと言う意見も大半の様だ。
以前は日本人会のボランティアをやって居た時は、それが生きがいだった。
贅沢を言うならば、そんな喜びを持ちながら生き続けたい。
唯、そんな活動に足を引っ張る人も結構居た。
それに耐えるのに疲れたから止めた。
わざわざそんなにしてまでやるエネルギーは無い。
私は隠居に来たのだと自分に言い聞かせた。
でも、他に何か方法は無いのかと思いながら今日に至って居る。
体力も以前より落ちて、気力も衰えて居る。
只、何かをしたいと言う願望だけが有る。
今更以前の処に戻って、火中の栗を拾うつもりは無い。
この衰えた体と気力でも出来る道を探して居る。
でも何かを始めるには、それなりのエネルギーが要るだろう。
今はそんな妄想をしながら、虎視眈々と充電してその時を待って居る。
その内老いて、認知症になるまで…。


昨日の夕食は、アルコールを避けようと思ったが、
SMIRNOFF ICEと言う好きなウォッカのカクテルの廉価版が有ったので
何本か買ったが不味かったので長らく残って居た最後の一本を、
この際在庫整理と思い飲む事にした。
変に甘くて、流石に廉価版と言う味だ。
アルコールを減らそうと決意した時にうってつけとも言えるし、
直ぐに誓いが崩れたとも言える。
明日からの言い訳も探さなければ…。



昨日のポタリング写真の続きです。