チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

日本人の特性

母が生前の頃、姉夫婦がタイに訪ねて来てくれた。
その時の日記を読んで、当時を振り返りたいと思います。


(2010.1.14 3:52) 日記より
日本から姉夫婦がやって来た。
姉は5年ぶり二度目の海外旅行で、しかもタイは初めて。
遠いところから遥々母と私達に会いに来てくれた。
航空券の手配やバンコクでの乗り継ぎに迷わないように、
持病のある姉のために、タイ航空に車いすの手配も頼んで置いた。
お陰で、チェンライまで迷うことなく着き、空港には車で迎えに行った。
食事も妻の日本料理で、殆ど日本と同様の食生活で過ごせた。
観光も殆ど車で案内した。
しかし、私がカバー出来ない部分、例えば僅かの外食の機会や、
運転手を雇ってのチェンマイ観光などでは、たちどころにカルチャーショックを受けた。
辛い料理、揺れる車、ナイトバザールでの買い物の値切り。
私が渡タイし始めた頃の観光旅行者としてのカルチャーショックと同じ様子がうかがえた。
でも、私は一人旅で、しかも誰の助力も無く、全く孤独な旅であったのに比べ、
随分お膳立てされた観光旅行であったのにも関わらず、
私よりずっと大きなカルチャーショックを受けたようだった。
それは私が一人旅ということで、
その分海外旅行に対する覚悟が出来ていたからではないかと思われる。
姉達は慣れない観光旅行にも関わらず、
ナイトバザールでは日本語で買い物の値切りに必死になっていた。
また、ちょっとでも辛い料理には不快感を露わにし、
ことあるごとに、日本と違っている点に不満を漏らした。
カラオケで気に入った日本の曲が無いとぼろくそに言い、
揺れる車には二度と乗らないとぐちをこぼした。
いちいちもっともなのだが、いや、気持ちはわかるが、
タイの文化を学ぼうという気持ちが無かったのが残念だ。
タイの、しかもチェンライという田舎町に日本語のカラオケがあること自体…。
考えて見ると、日本の田舎町でタイ語のカラオケが果たしてあるだろうか。
あったとして、タイ人が自分の気に入った曲が無いからといってぼろくそに言うだろうか。
そこには経済大国日本人のおごりが見えてしまう。
めずらしい物品や食材に対しては興味津津で、
これは綺麗、これは旨いなど、好奇心は旺盛であったにも関わらず、
根本のところで、タイ文化を受け入れようという姿勢が感じられなかった。
初めてのタイ旅行だから止むを得ないのは当然だが、
私がお膳立てし過ぎたのが逆効果だったのかも知れない。
過保護にし過ぎたのが良くなかったのかも知れない。
もっと突き放していれば、自分達で切り開こうとして、
少しでもタイのいいところを見ようとする姿勢が生れたかも知れないと、
今は思うばかりだ。
二度三度と来るうちに、少しづつタイ文化を受け入れられるのかなぁと期待している。
でも、姉夫婦が来てくれたお陰で母は大いに喜んでいた。
今は嵐が去った後のように、静かな生活に戻っている。
今回のことで、日本人の特性というものをいやというほど再認識させられた感がする。
それはタイにロングステイしている者でしか感じられない貴重な体験だったと思っている。
私はタイにどっぷり浸かっている。



亡き母を想う

今から3年前、母が亡くなった時の日記を読んで、母を偲びたいと思います。


(2015.2.22 4:00) 日記より
何だかまだ母が生きているような。
何だか母の部屋を覗けば、まだ母がベッドに寝ているような。
そんな気がしている。
何かもっと母の為にしてあげられたことがあったような。
何かもっと母の為にし残したことがあったような。
今更何も出来ないのに。
もっと母の胸を撫でてあげれば良かった。
もっと母の手を撫でてあげれば良かった。
時々母の頭に手を当てたのだが。
今思えば、もっと母の体に触れてやれば良かった。
もっと母の体に触れてあげれば良かった。
病院のベッドに替えたことは良かった。
きっと寝心地は良かったはずだ。
それだけが唯一の慰みだ。
母のベッドに寝てみる。
今頃泣いても仕方が無いのに。
段々悲しみが込み上げて来る。
そうやって母の死を実感して来るのだ。
丁度父が死んだ時のように。
思えば父が死んだ時、母は私にすがって泣いた。
あの時、私は高校3年。

それを今思い出した。
今迄それを思い出したことは何度もあったのだが、
今はその思い出がやけに懐かしく思える。
そうだ、そんなことがあったのだ。
これからは、そんな思い出を山ほど思い出して来るのだろう。
覚悟して置かなければ。


(2015.2.22 18:40) 日記より
寝たきりになってもう1年半も経って居たのだ。
意外と長かったが、今から思うと、あっと言う間だった。
寝たきりになってからは、母は何も楽しいことは無かった。
只食べることとテレビを見ることだけが唯一の楽しみ。
それでもまだ庭を眺めることが出来たのだ。
いつもいい庭だと言って居た。
木が随分大きくなったと言って居た。
認知症なのに。
今から思うと、認知症では無かったのかも。
いや、まだらぼけなんだ。
死ぬ直前、息絶え絶えの状態で、
目をつむったまま『ありがとう、楽しかった』
と言ったのにはびっくりした。
泣かずには居れなかった。
肩の荷が下りたとか言うのは、母には大変申し訳無いが、
母を失った無念さとは裏腹に、何か妙にそんな気がして居る。
止めて居たタバコを吸うようになった。
気が落ち着くまでのつもりだが。
ずっと続きそうな気もする。
血圧には悪いのだが。
絶対に母より先に死ねないといつも思っていた。
これで心おきなく吸えると言うのは、いささか思い違いをしているのだろうか。
酒を飲んだ時に吸うととても美味いからだ。
でも、折角暮らし易いタイに住んで居るのだから、
母のように96歳まで生きてやろうと思う。
日本食にこだわらなければ、物価も安いし、
気候も4-5月を除いては1年中春の気候だからだ。
6時半の今でも26度。
半そで短パンが心地よい。


妻のこと

タイで挙式の後、配偶者ビザが下りて間も無く日本に初来日し、
日本でも式を挙げた。
日本語学校に通ったりして、間も無くカタコトの日本語も覚え、
料理もメキメキ上達した。
当時、私は組合活動で忙しく、また、仕事も滞納税の徴収で、
精神的な疲れもあり、彼女と過ごす休日が待ち遠しかった。
休日、彼女と遊ぶのが精一杯で、彼女が痩せて来たのは、
慣れない日本文化と食事のせいぐらいだろうと思って居た。
そんな中、久し振りに会った姉が、彼女の痩せた顔に異常を感じた。
私は毎日のことなので、全く気付かなかった。
一度病院へ行けと言うので、気になって行った。
1ヵ月後検査結果が出た。
進んだ子宮がんだった。
生存率何パーセントというものだった。
言葉の問題もあり、母国での治療を勧められた。
それなら直ぐに告知せざるを得ない。
家に帰って彼女がすすり泣く姿を、今も忘れることが出来無い。
半年後、全切除と放射線治療のお陰で、一命は取り留めた。
子供が産めない体になった。
私は彼女さえ生きていてくれたら、他に何も望まなかった。
それからは3ヵ月毎の経過観察。
5年が経った頃、背中が痛いと言い出した。
腰を使って掃除をした翌日だったので、単なる腰痛だと思っていた。
1ヵ月経っても治らないので、検査を受けると大動脈瘤リンパ節転移だった。
今度は日本の医者も切除は難しいと言った。
残る放射線治療も放射線総量の問題があると言う。
タイの病院からカルテを取り寄せて、日本の大学病院で治療することを決断した。
今度もすぐに告知せざるを得ない。
今度は彼女は声を上げて泣いた。
あの時の声を今も忘れることが出来無い。
カルテの取り寄せ依頼が一向に進まず、1ヵ月以上過ぎた。
病気がどんどん進行していくのが、居ても経っても居られなかった。
茫然自失だった。
やっとカルテが届き、2度目の放射線治療が始まった。
部位も違うので放射線治療が可能だとのことだった。
さすが大学病院だけあって、治療は信頼出来た。
治療は順調に進み、2ヵ月ほどでがんを焼き切った。
後は黒いススの様なものが残って居ると言う。
腫瘍マーカーも下がり、また、経過観察となった。
タイでの旧式な放射線治療により、腹部にかなりのダメージが残っている。
胃腸が極端に弱くなった。
腹の痛みを訴え、救急病院に行くこともしばしばだ。
夜間の大学病院は若い当直で、診察も信頼出来ず、痛み止めの注射も下手だ。
腕に刺せないので、手の甲の血管に刺す。
胃の痛み以上に痛い顔をする。
こんな時も彼女がやるせなく、いつもすまないと思って居る。
何もかも私の気が付くのが遅れたせいだ。
子供が無くても彼女は明るい。
持ち前の明るい性格が私にも救いだ。
今迄はいつも不安を抱えて居た。
腸閉塞や再発を。
でも、再発後5年が過ぎて、経過観察も半年毎になった。
腫瘍マーカーも最初の再発までは高かったが、再術後は低い数字で経過して居る。
15年近く経った今は、定期観察も不要になって居る。
再発はもう無いと思って居る。


永遠のバカンスの国

現役時の渡タイは百回を超えて居るが、
それはいつも日本のストレスから逃れ、
日本を飛び出し、休暇を取ってのバカンスだったので、
私にとって、タイでの滞在?・居住は、今でもバカンスに思えてしまう。
そういう刷り込みがあるのはわかっているのだが、
日本はどうしても窮屈な日本、せかせかした日本、という風に感じてしまう。
必要以上にそう思えてしまう。
日本でも田舎だとそうでもないはずなのに…。
タイではチェンライの街中でも、のびやかさを感じる。
日本にいて幸せを感じるのは、温泉に入っている時、
旨い寿司やラーメンを食べている時、

桜を見ている時などだが、
タイに住んで居ると、のびやかなタイ、

ゆったりしたタイを毎日心地良く思う。
それは多分、チェンライと言う田舎町だからだろう。
だが一方タイ生活においては、

製品等の低品質にはいつも閉口させられる。
安かろう悪かろうだ。
日本の文明力は比べ物にならない。
更に、

何でも有ると言う日本の便利さもこの上無い。
でもその便利さとは、金あってのもの。
金のない者にとっては、日本は住みにくい国なのではないだろうか。
つまり、金さえあれば、日本は天国。
金が無ければ、日本は地獄。
働くだけ働いて、労働者は使い捨て。
後は、爪に火をともす年金生活が待って居る。

タイでは、金は無くても、旅行時によく食べた、マンゴーやパイナップルなど、
南国のフルーツを食べれば、気分は南国のパラダイス。
旅行時に、従業員の態度の悪さに腹を立てたが、
それも慣れればマイペンライ。
私も大分慣れて来た。
微笑みの国タイランド。
私はここで生きていく。


妻との思い出

日本では10年一緒に暮らした。
泊まりがけで他府県のオートキャンプ場にもよく行った。
ダルメシアンも連れて行った。
日帰り温泉もよく行った。
近隣ではもう行くところが無い程だった。
気に入ったところは何度も行った。
遠出の時は高速道路のパーキングエリアで寝る事もよくあったが、
たまには民宿も利用した。
琵琶湖のある隣の滋賀県には、数え切れない程行った。
今では懐かしい思い出だ。
ある山中のオートキャンプ場に行った時、
夜になるとキャンプ場の車が次々と引き揚げて行き、
最後はとうとう私達だけになってしまった。
回りには、管理棟も何も無い。

遠くで犬の遠吠えが聞こえて来る。
ガサッと言う何かの物音にも怖くなり、キャンプ料は払ってあったのだが、
とうとう夜中に逃げ出してしまった。
町が見えて来ると、
二人で「良かった。良かった。」
と何度も言い合いながらも、
彼女の声は引きつって居た。
また、別のオートキャンプ場でも、何か寝心地が悪いと、
泊まらずに引き上げることも何回かあった。
そんなことも、今となっては本当に懐かしい思い出だ。
もう一度あの青春に戻りたい。
そんな気持ちを彼女も持っていると思います。
タイに来てからは、何かと忙しく…。
いや、現役の時より忙しいはずがないのだが。
考えて見ると、現役の時には毎週土日に、
ここぞとばかり遊びに行っていた。
退職したらいつでも行ける。
そういう安心感が、結局行ってない原因だろう。
思い出に生きるというのは後ろ向きだが、
時間があれば、もう一度写真を整理して、彼女との記憶をきっちり再確認したい。
私の青春の証し、いや二人の大切な青春の証しなんだから。