チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

日本からの友人(其の5)

日本から友人が来て4日後、
朝食に野菜炒めを食った後、国境の町メーサイに出掛けた。
彼と妻はビルマ側の町タチレクに行き、
彼はビルマ産のイギリスのスコッチウイスキーを買って帰った。
日本への土産にすると言う。
帰路途中のレストランで、甲羅ごと食べられる蟹カレーを食べた。
私も久し振りで、とても旨かった。
帰ってから、火曜ホコテンに行った。
近くに大学が有るので、私は学生ホコテンと言って居る。
夜は家でタイスキ。


朝食の野菜炒め


メーサイ


レストラン


ホコテン


夕食のタイスキ






日本からの友人(其の4)

日本から友人が来て3日後、
朝食に味噌汁ぶっ掛けご飯と鮭を食った後、近くの団地のプールに出掛けた。
勿論、友人は味噌汁をご飯にぶっ掛けはしない。
曇り空で時々晴れたが、丁度いい加減な陽射しで、
上がると寒い位だったので、私はずっとプールに浸かって居た。
昼食は素麺と天ぷら。
夕食は刺身と野菜炒め。
久し振りに3食食った。
やはりプールにずっと浸かって居た効果だろう。
唯、前日から原因不明の腰痛が有り、
彼が日本から持って来たロキソニンを飲み、ロキソニンテープも貼って寝た。
実にタイムリーな土産となった。



私は刺身に醤油の代わりに麺つゆを勧めた。
やはり刺身には醤油だろうと彼は言ったが、麺つゆも行けると言った。
私はずっと麺つゆを使って居るが、醤油を使って見ると、醤油も行けた。
麺つゆの方が行けると思ってからは、ずっとそうして居たのだ。
もう何年経ったろう。
何て事を思いながら、其の日もあっと言う間に1日が過ぎた。




日本からの友人(其の3)


日本から友人が来た2日後。
前日買った果物をたらふく食った後、
家から40分の温泉に行った。
前日行った温泉と同様、山の中に有る温泉で、個室がより広い。
室内も綺麗に整えられて居て、
前回は植木鉢で飾られて居たが、
今回は花壇になって居た。
恐らく他の部屋も同様に変更されて居るのだろう。
次回行く時が楽しみだ。
広い個室なので3人位は楽に入れる。
小1時間程ゆったり浸かって、温泉を満喫した。



帰りには、彼のお気に入りのカフェでコーヒー豆を買って帰った。
此処の豆は苦味が美味しいとの事。
店長は日本語が話せる。
以前、日本で働いた事が有るとの事。



夜は妻の知って居る川沿いのレストラン。
生海老が旨かった。
揚げた柔らかい甲羅の海老も食べやすくて良かった。
後は、得体の知れない柔らかい魚フライだが、
これも旨かった。



あっと言う間の1日だった。


二つのニュース

《チェンライの洞窟で行方不明の13人の少年達発見!》


行方不明になってから10日目の2日夜、全員の生存が確認されました。
大雨による洞窟内の増水で潜って泳いで出る必要がある。
或いは、水位が下がるのを待つ必要がある。
よく生きて居たものだ。
発見したのは、イギリス人のダイバーで、洞窟内での潜水のプロとの事。
取り敢えず水と食料、そして酸素も届け、医師を派遣して健康状態のチェック。
その後、洞窟外への救助をどうするか検討される。
排水ポンプも余り効果が無いそうだ。



《ワールドカップサッカー日本代表》

戦いすんで日が暮れて。
高がサッカー、されどサッカー。
高がサッカーに、これほど感動と虚脱感を味わうとは。


私の高校時代は、名門バレー部で倒れるまで練習し、
3年生の国体予選であっけ無く敗退し、引退。
その時の虚脱感を思い出し、この日本チームの敗退と重ね合わせた。


でもその時の主将としての苦労は、その後の私の人生を支えてくれたと思って居ます。


学生時代にはサッカーも齧った。


勤務先高校でバレー部のコーチも。




日本からの友人(其の2)

日本から友人が来た翌日。
家から30分の温泉に行った。
山の中に有る温泉で、温水プールが有るのだが、

手を浸けて見るととても暖かかったので、温泉代わりに入った。
温度は36.3℃となって居るが、体感温度は37℃位に感じた。



ぬるい露天風呂の様な感じでとても心地良かったのだが、
暫くすると雨がピチピチ降って来て、間も無く激しく降り出したので、
個室の風呂にそのまま移った。



流石に個室の風呂は、温度も高く、やはり移って正解だった。
小一時間ほど入って、ベンチで昼食を摂ろうと思ったが、
ベンチが濡れて居たのと、暑くて後から後から汗が出て来るので、
暫く車のエアコンで涼んでからと思ったのだが、
汗が引きそうに無いので、そのまま帰る事にした。


足湯


途中お気に入りの市場に寄り、
マンゴー、マンゴスチン、スイカ、それに彼の好きなライチも買った。
ライチは1キロ20バーツ(約66円)ととても安かった。
マンゴーは、1キロ35バーツ(約116円)、
マンゴスチンは、1キロ20バーツ(約66円)、
スイカは、1切れ(2分の1)35バーツ(約116円)だった。


夜は妻と3人で土曜ホコテンに行き、ホコテン沿いのレストランで夕食。



あっと言う間に1日が終わった。