チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

今日の朝食

今日も早く叩き起こされた。
「ご飯!ご飯! 早く食べないと、蟻が来るよっ!」
朝一度目が覚めたのだが、お茶を飲んでまた寝てしまった。
とても眠い。
起きようと思っても、目が開かない。
何度も呼ばれるので、ゆっくり起き上がった。
何故か腹が一杯だ。
昨日無理して喰ったカレーが残って居るのか、
夜中に飲んだワインが残って居るのか、
兎に角腹ポンポンだが、
早く食べないと、蟻が来ると言われては、食べない訳には行かない。
見ると、パンとサラダだった。
コーヒーが無いので、最初はピーチティー(紅茶)にして居たが、
どうも甘いので牛乳に変えた。
腹ポンポンだが、野菜の味付けが上手いのと、パンも旨かったので、
結局、全部食べられた。
お陰で腹は一層ポンポンになった。
お手伝いさんが居ないと、妻は張り切って作ってくれるのだが、
私の腹の空き加減などはお構い無し。
自分が作りたい時に作る。
美味しいからいいのだが、
私は益々メタボリック・シンドローム。



ところで、昨日の夕食のコロッケもいつもより倍だった。
ノンオイルフライヤーで既に温めて居る時に、コロッケ何個にする?と聞いて来た。
私が考えて居ると、「もう、二個にしたから」と。
よく考えると、カレーとコラボの時は、一個なのだ。
そして、食べ始めて見ると、アスパラだけで腹一杯になって来た。
今度からは3本にしよう。



もう満腹になった時の状態


もう一口食べてギブアップの時の写真


(本当はもう一口頑張って食べた最終写真)


鮭を捌く

何度も見て居るはずだが、今日、写真を撮って居る時に、結構力が要るもんだと言う事が分かった。
妻は「ああ、しんど」と言って居る。
今日はやけに暑いと思って温度計を見たら、何と33度だった。
そう言えば、最近雨が少なくなって居る。
雨季の終わりだろうか。
エアコンを点けなくても我慢出来そうにも思ったが、意志が弱いので点けてしまった。
犬も暑そうだ。
妻は鮭の捌きで大変そうだったから、昼は自分で冷凍庫からおかずを出して食べた。
妻は、鮭のトロの部分を盛り付けてくれた。




新しいスマホ

妻からスマホを貰った。
いや、妻のお下がりを頂いた。
今迄はずっとガラケーを使って居た。
以前、一度スマホを使った事が有るが、毎月の決まった支払い日が面倒で止めた。
本当はそう言う支払いで無くとも良かったのかも知れないが…。
まあ、これでいよいよガラケーともお別れだ。
何時かは変えなければとは思って居た。
妻は隣県のパヤオのバイト先で、最新型のスマホを「ハイっ!、給料」と言って貰ったと。
家の近くのスーパーで、フィルムカバーを買いに行くと、最新型なので未だ来て無いと。
仕方が無いのでガラスカバーにしたと。
私のは古いので、バッテリーを買い換えた。
使って見ると、中々使い勝手が悪い。
パソコンに慣れて居るので、画面の展開が思う様に行かない。
妻は難なく使って居るので、私もその内慣れるだろう。
使い方を妻に聞き倒して居る。
妻は年老いた私に、根気良く教えてくれて居る。
今の内は…。


(ちなみに、記事タイトルの「新しいスマホ」と言うのは、妻のスマホの事です。)



今日の朝食。焼飯。


昨日の朝食。豚肉と焼ネギとおこわ。


昨日の昼食。天ぷら素麺。


昨日の夕食。ブリの煮物とアスパラ。


昨日の夜食。ドラゴンフルーツと柿。




伐採後の庭木の其の後(つづき)

市役所に処分を依頼して居た庭木の処分車が、やっと来た。
何の事は無い、いつものゴミ収集車だ。
これなら全部積めるだろうと思った。
荷台の長さが5-6メートルは有る。
安心して居ると、いつの間にか居なくなり、未だ庭木が残って居る。
それでも3分の2以上は片付いたので、多少はやれやれとホッとした。
頼んで置いたのは、1トン車で600バーツ(約2千円)の車。
もう既に払って在る。
まあ、これ位の量なら、無料の車でも持って行ってくれるはずと、
妻も安堵して居る。
市役所に頼みに行ってから、1カ月だ。
このゴミ収集車は、チェンライに一台しか無い様に思う。
以前、随分遠い所で見掛けた。
日本なら区毎に数台は有った。
焼却はして無い様に思う。
焼却炉は見た事が無い。
埋立地も見た事が無い。
ゴミ収集車で働いて居るのはビルマ人だ。
以前、お手伝いさんと喋って居た。
今や3Kはビルマ人の仕事になって居る。
大型の道路工事や建築工事は、殆どビルマ人の仕事になって居る。


そうそう、以前、お手伝いさんの友人を家に送って行くと、
ホコテンの通りのとある商店だった。
其処で働いて居るのだが、何と店の主人もビルマ人だった。
家族も含めて、他にも大勢のビルマ人が居た。
ご主人が私に高い酒を勧めてくれた。
緑ラベルのジョニーウォーカーだった。
私は遠慮して、ジョニ赤だけ頂いた。



残った庭木





盛り付けと配膳

お手伝いさんが里帰りした翌日の今日は、妻はいつもより、腕によりを掛けて、力が入って居る様に見える。
いや、ササッと作るから、実際はそうで無いのかも知れない。
唯、何々が食べたいと言うと、「何処に有るか分からん」と言うので、
自分で探さなければならない。
何しろ、5台の冷蔵庫の内、私のおかずは4台の冷凍庫に眠って居る。
だから、なるべく探さなくても良い食事を考えた。
それで、朝はパンが食べたいと言った。
ホットサンドにバターとチーズを挟んで、レタスとトマトと目玉焼きが食べたいと言った。
飲み物は、お手伝いさんが作ってくれたコーヒーに牛乳を混ぜて、コーヒー牛乳にした。
レタスは無かったので、サニーレタスになった。
昼は、保管場所を知って居るグリーンカレーにした。
中に入れる麺(カノムチーン)は、買い物の帰りに買った。
そう、今日は、在庫の無くなったイカと鮭の刺身を買いに行った。
例によって、鮭は冷凍の丸一匹を卸しスーパーのMAKROで、
冷凍のアオリイカは、輸入食品店で買った。
夜は、すき焼が食べたかったのだが、見つからなかったので、偶々見つかった豚カツにした。
すき焼は、もう在庫が無いのかも知れない。
それで、昼のサニーレタスはイマイチだったので、トマトと大根下ろしとアスパラを頼んだ。
それで、アスパラは、いつも5本喰ってると思って5本頼んだら、それとトマト四切れだけで腹一杯になってしまった。
ビールを飲みながら食べたからだ。

豚カツと折角擦ってくれた大根下ろしも、全部は食べられなかった。
それとトマトも。


妻はアッと言う間に配膳してくれる。
3分と掛からない。
お手伝いさんは5分から10分掛かる。
切るのが早いのだろうか。
盛り付けも手が早い。
盛り付けもお手伝いさんとは一味違う。

唯、てんこ盛りが好きな様で、アスパラもてんこ盛り。
お陰で下になったアスパラにマヨネーズが掛からない。