チェンライの日々

タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。

タイ文字学習の解説(最終章)補足

最終章の補足だなんて、笑ってしまうが、大事な記号を忘れて居た。
短音記号の
 ็
これが子音の上に付くと短音になる。
例えば、
เ-็となると、「エー」では無く「エ」と発音する。
次に省略記号のฯとฯลฯ
นายก ฯ = นายก รัฐมนตรี 首相
・・ฯลฯ =・・等々
反復記号の

ทุก ๆ วัน =ทุก ทุก วัน 毎日毎日(毎々日)
黙音記号の
  ์ 
สัตว์(動物)のวは発音しない。


次に、慣例として省略する文字が有る。
คน(人)はโคนと発音するが、โは書かない。
โが省略される場合が多い。



次に、声調を規定する為に書かれて居るが、読まない文字が有る。
หนู(鼠)のนูは低子音で長母音だが、平声では無く、上声で発音し、หは発音しない。
本来、低声と上声の無い低子音の前に、高子音のหを付ける事によって、低子音でも五声の全ての声調が可能となる。


最後に、偶に使われるタイの数字を紹介して、終わりにしたい。
順に1から10まで。
๑、๒、๓、๔、๕、๖、๗、๘、๙、๑๐

昨日の昼食 キムチ焼飯

昨日の夕食 天ぷら

今日の朝食 蛤の澄ましぶっ掛けご飯と豚足


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。