チェンライの日々

タイ(チェンライ)在住9年です。日々の暮らしを綴ります。

豚足とイチゴ

 今日は妻が帰って来た。今日は午後には26度とぽかぽかと暖かく、今までの淋しさもまるで無かったような天気になった。イチゴの苗を持って帰った。何処に植えるか悩んでいるようだったので、雨や風が当たる所は寒いからダメだとか、陽の当たる所で無いとダメだとか色々アドバイスをしたが、一向に私の意見を聞こうとせず、反対ばかりするので、「もう好き勝手にしろっ!」と言った。ちょっとしたことで喧嘩しそうになる。何でこんなに馬鹿何だろうとイライラするが、良く考えて見ると、私の意見にも矛盾が有る。陽が当たって雨に濡れ無い所は難しいのだ。それに彼女は「タイのイチゴは雨に濡れる所で植えてある。」そう言えば日本でも畑で植えていた情景が浮かんだ。最初、頭にはビニール栽培しか浮かば無かった。タイ人は馬鹿だ。だからタイのイチゴは不味いんだと思ってしまう。どうもタイ人蔑視が根底にある。暫くして彼女が呼んだので行って見ると、軒の近くに吊るしてあった。これも有りかと思った。

 今度は豚足の話。数ヶ月前から左肩が痛い。最初は手を上げにくいなあと思っていたが、それ程気にならなかった。でも段々痛みも気になりだして、背中にも回りにくいので、ネットで調べて見ると、内臓疾患も疑われると書いてあったので暫く様子を見たが、やっぱり外科的な痛さだと思うので、接骨医があればなあとか思っていた。以前母の腰痛で鍼灸医に見て貰ったことがあるが、歯医者で麻酔注射が身振るいするほど痛かった経験をしてから、鍼も恐くなった。まあ、歳を取るとこれ位は仕方が無いとは思っていたのだが、最近食って無い豚足のことを思い出した。豚のメニューは豚カツもあり、メニューが増え過ぎるので止めていたのだ。そうだ豚足を食べれば、コラーゲンを摂れば良く成るかも知れない。そう思って妻に頼んだ。これも絶品のメニューなのだ。

最初は圧力鍋で

 別に豚足とイチゴは関連が無いのだが、一つだけでは淋しいと思ったので、こう言う題になりました。でもどちらも妻の周りを回っているので、関係無くも無い。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。